MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/12
  • MotorFan編集部

圧倒的な視認性!? 新型レクサスESにデジタルアウターミラーを世界初採用!!

視界の拡大や風切り音の低減を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
LEXUSは、日本向けの新型ESに量産車としては世界で初めてデジタルアウターミラーを採用することを発表した。

 今回採用されるデジタルアウターミラーとは、従来のドアミラーとは違い、小型カメラで車両側方を確認する。これにより、斜め前方の視界を拡大するとともに、風切音低減による高い静粛性を実現しているという。

 具体的には、ドアミラーを小型カメラに置き換え、撮影した車両左右後方の映像をフロントピラー部に設置した5インチディスプレイに表示する。ディスプレイを室内に搭載するほか、カメラ部を雨滴が付着しにくい形状とすることで、天候の影響を受けにくくしている。


 また、ウインカー操作、リバース操作と連動させ、表示エリアを自動的に拡大できる。ドライバーでの操作でも任意に表示エリアを広げられるため、運転状況に応じた周辺確認支援を実現する。


なお、日本での新型ESの発売は2018年10月下旬の予定。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る