MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/14
  • MotorFanアーカイブ編集部 山口 尚志

連載第9回『よろしく! スズキ・ジムニーシエラ』 「新型/歴代ジムニーのすべて」、本日2018年11月14日発売です。 ~新刊告知と新旧比較試乗~

オーナー目線で勝手にインプレッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
 クルマへの灰皿復活を訴え、「バイバイ」で締めくくった第8回の掲載が7月19日のことだから、約4か月のご無沙汰である。
 決してサボっていたつもりはなく、われわれモーターファン・アーカイブ編集部が手掛ける「日本の傑作車シリーズ」の最新第14作「初代シーマのすべて」が決まってそちらにとりかかったものだから、急にこちらがお留守になってしまった。

TEXT●山口尚志(HISASHI Yamaguchi)
PHOTO●中野幸次(KOUJI Nakano)/山口尚志

 ほんと、古いクルマを毎度1冊で採りあげるとなると、過去のカタログにフィルム探し、そしてスキャニングと、新車を扱うのとはまた別の苦労があるものなのヨ。

 「初代シーマ」だけではない。

 「初代シーマ」が終わったらこの「よろしくシエラ」を再開と考え、第9回用の記事もあるていど用意していたのに、「シーマ」終了間際になって次の「歴代マークⅡのすべて」が決定したものだから、「シーマ」終了からそのまま「歴代マークⅡ」になだれ込み、お留守どころか夜逃げみたいになった。

 ここで整理して・・・

 これら2誌が発売中ですので、よろしかったら書店でお求めください。

日本の傑作車シリーズ第14作・初代セドリック/グロリア シーマのすべて(2018年8月31日(金)とっくに発売)
歴代マークⅡのすべて(2018年10月2日(水)こないだ発売)

 ところが「歴代マークⅡ」のあともまた間が開いた。

 こんどは夜逃げから国外逃亡みたいになった。

 この11月中旬まで何をしていたのかというと、第8回の時点で挙がるだけは挙がっていた「歴代ジムニーのすべて」がいよいよ決定し、取材ほか実作業が「歴代マークⅡ」の後に発進し、この「第9回」がいまになったというわけ。

 実はわれわれは、3年前の2015年7月にも「歴代ジムニーのすべて」を刊行している。

 新型が出たからといって、3年前と同じ「歴代ジムニーのすべて」のタイトルでいくには抵抗がある。

 編集長は「歴代ジムニーのすべてⅡ」「続・歴代ジムニーのすべて」、私は「歴代ジムニーのすべて2018」や「歴代ジムニーのすべて・おかわり」などを考えていたが、どれもこれも決め手に欠け、結局は「新型/歴代ジムニーのすべて」と相成った。


 というわけで、またあらためて告知。

 新型/歴代ジムニーのすべてを11月14日(水)に発売します。

じゃーん。ちゃっかり宣伝。「新型/歴代ジムニーのすべて」(本日11月14日(水)発売)

 本の冒頭では軽ジムニーJB23W/JB64W、ジムニーシエラJB43W/JB74Wそれぞれの新旧比較をしております。

 また、初代~3代目の歴代ジムニー解説(写真半数は撮り下ろし)、他に、新型4代目の開発者インタビューも敢行しております。

 よろしかったら、お近くの書店でお求めくださいませ。

 新刊告知を織り交ぜながら、なぜこんなに前置きが長いのか。

 それはこのモーターファンJPへの記事書きがずいぶんひさしぶりで、雑誌への記事作成とは勝手が違っているからである。

 要するにリハビリをしているようなものだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る