MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/07
  • HYPER REV編集部 廣嶋 健太郎

この顔に、ピン!ときたら…

実働車激少のHBルーチェ4ドアハードトップロータリーGT!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
HBルーチェのナニが強烈かって、そのフロントマスクに尽きる!
ManiaxCars Vol.04にて試乗インプレ付きで紹介してるHBルーチェ。
実働車を取材できる機会なんてそうそうないもんだから、
使う使わないに関わらず、あちこち撮りまくったのは言うまでもない(笑)。
誌面に掲載できなかった撮影カットを、ここで放出しよう。
左ヘッドライトを斜め上から。デザイン的な破たんを承知の上で(!?)、グリルよりでかいヘッドライトを採用したマツダ開発陣の大英断には大きな拍手を贈りたい。樹脂色そのまんまの黒いバンパーも勇ましい(笑)!!
左ヘッドライトを真横から。ヘッドライト上部が面取りされ、ボンネットからフロントパネル、メッキモール、ヘッドライト前面へとつながるラインを生み出している。こういう芸コマなところに興奮せずにはいられない!

角型4灯リトラクタブル式ヘッドライトを採用する兄弟車、HBコスモのフロントマスクもかなりオカシイことになってるけど、一度見たら忘れられないっていうインパクトの強さで言えば、HBルーチェの方が確実に一枚上手だ。

しかも、コイツは6PI(ポートインダクション)仕様の12A型NAロータリーエンジンを搭載する廉価グレードのGT。無塗装の黒バンパーだし、サイドウインドウの開閉は手巻き式だし、標準でラジオすら装備されてないし…と、なかなか熱いグレードなんだからたまらない!

車内換気用のエアアウトレットを備えるCピラー。ステンレス製サイドバイザーは車名ロゴ入りの純正オプション品。ウインドウを取り囲むようにメッキモールも配される。
左リヤフェンダー。車名エンブレムが装着されるのはこちら側だけだ。そういや20B-REWを搭載するユーノスコスモにも、左フロントフェンダーだけに“3 ROTER”っていう平べったい楕円状のエンブレムが付いてたような…。

4ドアセダンとして、HBルーチェは基本的にかっこいいクルマだと思う。おそらくスマートなサイドビューを演出したかったんだろう、給油口はボディサイドでなくトランクパネル前方のボディ上面に設けられてたりする。

そんな細かい配慮がなされてるのに、なんでフロントマスクがあんなことになっちゃったのか!? これじゃあ“木を見て森を見ず”状態って言われたとしても反論のしようがない。

そこがHBルーチェ最大の疑問であり、世間一般的には残念なところでもあるんだけど、だからこそ変態グルマ好きが萌える(笑)のも事実。高速道路で、もしこんなのが後ろからえらい勢いで迫ってきたら、少なくともオレはソッコーで道を譲る。

なぜなら、ルームミラーに映るその姿が気持ち悪いから(笑)!!

なわけで、2月28日に発売された『Maniax Cars Vol.04』では、試乗インプレ付きでHBSN2ルーチェ4ドアハードトップロータリーGTを詳しく紹介。

こんな記事、他誌じゃ読めないよ~(笑)

前衛的すぎるフロントマスクに対して、リヤビューはオーソドックス。フェンダーミラーとか車名ロゴ入りリヤマッドガードとか、ディテールにも見どころがある。ちなみに、トランクリッドには車名エンブレムが付かない。

ManiaxCars Vol.04
変態グルマ好きの必読書(笑)!
巻頭特集『6発MTのススメ』のほか、
今年で7回目を数える変態グルマ・オブ・ザ・イヤー、
通称HOTYの結果発表などもやってるよ~。
全144ページ、定価1500円(税込)。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る