Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. ゴルフ

VWゴルフ 歴代ゴルフユーザーレポート 燃費は?長所は?短所は? フォルクワーゲン・ゴルフ | ゴルフIIからゴルフⅦ、トゥーランまで。これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?」<モーターファン会員アンケート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
現行ゴルフⅦ ディーゼルエンジン搭載のTDIモデル

VWゴルフといえば、いつの時代もCセグ・ハッチバックのなかでも人気が高いモデルだ。世界の自動車開発者にとっては、常に「ベンチマーク」として目標となるVWの中心モデルである。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。

乗用車の世界的ベンチマーク、それがVWゴルフ

 初代ゴルフが生まれたのは、1974年。デザインはジョルジョット・ジウジアーロの手によるもので、ジウジアーロの傑作のひとつとされている。ビートルの後継車種としてフォルクワーゲンの中心モデルとなることを期待されて登場したモデルだ。以来46年間、ずっとこのクラスのみならず「乗用車のベンチマーク」として高い人気を誇っている。
 今回のMotor-Fan.jp会員のアンケートでも26名ものユーザーからレポートが集まった。まずは、現行ゴルフⅦのレポートから。

現行7代目ゴルフⅦ(2012-2020年)

 現行ゴルフⅦが登場してすでに8年が経過。欧州では新型ゴルフⅧがデビューしているが、ゴルフⅧの国内販売開始はおそらく2020年終盤あたりになりそうだ。
 ゴルフⅦの最大のトピックは、フォルクワーゲンが社運を賭けたと言っていいモジュラープラットフォーム「MQB」の採用だ。エンジンはゴルフⅥと同じく1.2ℓ/1.4ℓ/2.0ℓのガソリン直噴ターボが主力だが、フォルクワーゲン初のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの「ゴルフGTE」や、電気自動車の「e-ゴルフ」もラインアップに加わっている。

2014年式GTI「なんと言っても気持ち良い加速感」

ニックネーム:ただりさ 年式グレード:2014/gti 性別:男性(40代) 居住地域:東京都

排気量:2.0ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:10.0km/ℓ(片道10km以内の通勤でこの値)
長所:なんと言っても気持ち良い加速感。スムーズに繋がるDSG。割と広い室内。
短所:ライトの劣化。ハイオク仕様。

評価
外観:★★★★☆ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★★★ 
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「この車は買いですね。Rは高い割には装備はほとんど変わらず」

2019年式TSIハイライン マイスター「TDIを含めマイスターは完成型として買い」

ニックネーム:石井邦彦 年式グレード:2019年式/TSIハイライン マイスター 性別:男性(60代〜) 居住地域:広島県

排気量:1.4ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:16.8km/ℓ(通勤が9割)
長所:安全装備の充実。ボディ剛性からくる安定した走り。街乗りでは充分なダウンサイジングターボ。
短所:少し気になるロードノイズ。

評価
外観:★★★★☆ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★★☆ 
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「年内に日本でもゴルフ8が導入されるようですが、TDIを含めマイスターは完成型として買いのような気がします」

2016年式TSIコンフォートライン「車趣味者にとっては、面白いクルマ」

ニックネーム:前期高齢者 年式グレード:2016年 コンフォートライン 性別:男性(60代〜) 居住地域:千葉県

排気量:1.2ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:12.5km/ℓ(千葉県市街地9割)
長所:2年落ちの認定中古車を購入したが、この仕様・装備でプリウスより安くコストパーフォーマンスが非常に高い。車幅1800mmは、気にならず狭い道でも運転しやすい。車趣味者にとっては、面白いクルマ。
短所:DCTクラッチを異音の為、保証で交換したが、やはりDCTの信頼性には疑問ある。電子キーが購入後1週間で壊れ交換となったり、電気関係の信頼性は心配。ゴルフクラスにはレギュラーガソリン仕様にすべき。日本車は、現地事情に対応した仕様で輸出しているのですから。

評価
外観:★★★★☆ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★☆ 必用充分だが、もう少しパワーあるハイラインにした方が運転が楽かもしれない。
燃費性能:★★★★☆ 悪いないが、レギュラーガソリン仕様にすべき。
装備:★★★★★ 電動パーキングブレーキは非常に便利すぎて付いていない車運転した際危ないくらい。
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「ゴルフでも外車ですので、信頼性を重視する方はトヨタにした方が良いです。(ベンツ8年、クラウン10年乗りましたが、趣味性を優先してゴルフにしました)」

2013年式 TSI ハイライン 「300万円で買える国産車とは、ボディのしっかり感が違う」

ニックネーム:ヒロユキ 年式グレード:2013年TSIハイライン 性別:男性(40代) 居住地域:三重県

排気量:1.4ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:16km/ℓ(通勤で片道25km)
長所:300万円で買える国産車とは、ボディのしっかり感が違う。思ったより燃費が良い(16くらい)。故障が少ない。
短所:何処からかカタカタと音がする。

評価
外観:★★★★☆ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★☆☆ 
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「丁度いいサイズ感、後席やラゲッジスペース等」

2015年式TSIハイライン「飛び抜けた個性はないけど、乗ればこれしかないと思わせる骨太さ」

ニックネーム:安部大輔 年式グレード:2015年式/TSIハイライン 性別:男性(40代) 居住地域:福岡県

排気量:1.4ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:16.0km/ℓ(ほぼ渋滞のない郊外の一般道が主です。)
長所:サイズと性能のバランスがとても良い。燃費が良い。スピードメーターが低速域と高速域で区切り方が違うので、運転していてとても見やすい。
短所:ゼロ発進時に強いシフトショックが出ることがある。ホイールセンサーが短期間に続けて壊れた。

評価
外観:★★★★★ 誰がどう見てもゴルフにしか見えない、アイコンとしての完成度の高さ。
室内:★★★★☆ 必要充分。長距離走行でも疲れない。
走行性能:★★★★☆ 街中から高速まで必要充分。
燃費性能:★★★★★ ACCを使った高速燃費は20km/ℓぐらいいきます
装備:★★★★☆ 後期型でアップデートされた全車速対応型ACCとオートマチックハイビームは羨ましい
満足度:★★★★★ 飛び抜けた個性はないけど、乗ればこれしかないと思わせる骨太さ。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「クルマのメートル原器。釣りでいうところの鮒」

2018年式TSIコンフォートライン「車重が軽いため1.2ℓのエンジンでも俊敏」

ニックネーム:青木泰男 年式グレード:2018年式TSIコンフォートライン 性別:男性(60代〜) 居住地域:東京都

排気量:1.2ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:都内で家内と二人乗車の移動が9割で平均燃費は12km/ℓ。夏のエアコン使用時で11km/ℓ。高速道路は平均13km〜14km/ℓ程度。
長所:ひとクラス上の価格帯の車と変わらない乗り心地。ホイールベースが旧型比で60mm延長された効果が出ている。長く乗っても古さを感じさせないデザイン。細部にわたる作り込み。
短所:役に立たないカーナビ。入力に手間がかかり、目的地の特定がなかなか出来ない。例えば、『最寄りの高速道路入り口」と入力しても都道府県名から入力を求められる。カーネット(3年間無料)はほとんど使わない。スマホの方が速くて便利。レーンキープアシストは時速65kmから作動するが、50〜60km/hの速度域で直進時に誤作動を起こし、前輪の片側に瞬間的にブレーキがかかったような感触を受ける(ディーラで検査するも異常なし)。

評価
外観:★★★★★ ホイールベースが60mm長くなったことでフロントオーバーハングが短くなり、バランスの取れた外観となった。また、ボディーシルエットがモデルチェンジごとに大きく変わらないのでいつまで乗っても古さを感じさせない。
室内:★★★★★ ゴルフ6に比べて広くなった。開放感があり好感が持てる。
走行性能:★★★★★ 車重が軽い(1240kg)ため1.2ℓのエンジンでも俊敏。特にSモードでの走行はひとクラス上の走り。
燃費性能:★★★★★ 月1回の給油で済むようになった。
装備:★★★★☆ ACCはさらなる熟成が必要(前述)。ナビは役立たず(前述)。カーネットも使ってない。
満足度:★★★★★ コストパフォーマンスで考えればベストのモデルのひとつ
このクルマの購入を検討している人にひと言
「欧州ではGolf 8 が既に走り出していますが、日本では当分の間、現行モデルが売られます。モデル末期なので大幅な値引きも期待できると思うのでお薦めです」

2018年式TSIハイライン 「Golf6からの乗り換えですが格段に静かさとDTCのスムーズさがアップ」

ニックネーム:tn 年式グレード:2018年式 TSIハイライン 性別:男性(60代〜) 居住地域:青森県

排気量:1.4ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:ふだんは14km/L長距離だと22km/ℓ
長所:Golf6からの乗り換えですが格段に静かさとDTCのスムーズさがアップしました。
短所:アイドリングストップオフスイッチがシフトレバーに隠れて使いにくい。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★★ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★★★ 
装備:★★★★☆ 
満足度:★★★★★ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「GOLF8が出ますがフロントのデザインが好みではありません、今の7.5は熟成されていて故障も出にくいのではないでしょうか?」

2016年式GTI「走りを期待するならやはりGTIにすべきです」

ニックネーム:Tengusan 年式グレード:2016 GTI 性別:男性(60代〜) 居住地域:兵庫県

排気量:2.0ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:10.0km/ℓ
長所:普段は大人しい走りですが峠を越えで本領を発揮します。フロントフェイスがスッキリしたデザインでスマート。
短所:温度差で室内ウインドウが曇るとなかなか取れない。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★★☆ インフォテインメント装備が複雑でやや使いにくい
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「走りを期待するならやはりGTIにすべきです」

2018年式GTIダイナミック「衝動的に乗り換えましたが後悔してません!」

ニックネーム:佐藤 年式グレード:2018年GTIダイナミック 性別:男性(30代) 居住地域:静岡県

排気量:2.0ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:10.6km/ℓ(市街地3割、郊外4割、山道3割)
長所:足元が広い。ACC巡航時にアクセルの隣りに右足置けるスペースがあるので疲れない。7速DCTが羨しいと思ったが、Mモードで自分で切り替えて楽しいのは6速だった。
短所:ビルトインナビの道路選択に不満。新しく広くて真っ直ぐな道があるのに古い道の迂回路ばかり案内する。ビルトインナビの地図更新が高難易度。12GBの巨大ファイルを手動でダウンロードしてSDに展開しないといけない。

評価
外観:★★★★★ GTIの赤いラインはカッコイイ
室内:★★★★★ 充分な広さ、窓も狭すぎず周囲の確認しやすく、死角も少ない
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★★☆ 高速道路走ると素晴しい燃費値が出るが、山に住んでいるので普段は厳しい
装備:★★★★☆ ビルトインナビの精度がいまいち
満足度:★★★★★ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「カッコよさに惹かれて前の車のローン残ってるのに衝動的に乗り換えましたが後悔してません!」

2017年式TSIハイライン「趣味性は薄いと思いますが、手放せない日常品になると思います」

ニックネーム:TM3 年式グレード:2017年式ハイライン 性別:男性(50代) 居住地域:東京都

排気量:1.4ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:13.42km/ℓ(都下自宅付近の移動が9割、高速を使ったドライブが1割)
長所:ACCが予想以上に快適で、高速の運転がラク。
短所:ACCオンで車線追従する際、ステアリングへの操作介入に違和感あり。純正ナビ(DiscoverPro)の仕様バグがいつまで経っても修正されない。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★★ 
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★★ 
装備:★★★★☆ 
満足度:★★★★★ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「趣味性は薄いと思いますが、手放せない日常品になると思います」

2019年式GTI Performance「モデル完全末期のGolf7.5、買いです」

ニックネーム:ヴぃっつ 年式グレード:2019年式GTI Performance 性別:男性(30代) 居住地域:神奈川県

排気量:2.0ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:10.0km/ℓ(ちょい乗りが多めの場合)
長所:「実用的」なスポーティカー。35扁平でこの乗り心地よさをだせるのはすごい!VWならではのハンドリングの滑らかさは気持ち良い。
短所:燃費が悪い。CarPlayでナビを使うと、センターディスプレイのみの地図表示になってしまう。

評価
外観:★★★★★ 伝統的なデザイン。飽きのこないデザイン。
室内:★★★★★ 質実剛健な造り。派手さはない。
走行性能:★★★★★ GTIならではのドライバビリティがある。
燃費性能:★★☆☆☆ 遠乗りは良いが、ちょい乗りだと全然ダメです。燃費向上ばかり考えすぎて、フィーリングを犠牲にしている車が多いなか、このクルマは逆。
装備:★★★★☆ 最新鋭の装備が全部のせ。ステアリングヒーターが欲しかった。
満足度:★★★★★ ここまでトータルパフォーマンスの高い車はなかなかないでしょう。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「モデル完全末期のGolf7.5、買いです」

2016年式ミラノエディション「エンジンはいいが、DCTが△」

ニックネーム:とも 年式グレード:2016年ミラノエディション 性別:男性(50代) 居住地域:愛知県

排気量:1.4ℓ トランスミッション:その他
平均燃費:11.6km/ℓ(近所7割、郊外3割)
長所:高速道路でのスタビリティ、ボディの剛性感。DCTのレスポンス。1代目が事故で大破したが、まったく怪我もせず無事だった安心感。
短所:発進時のDCTのギクシャク感。 また乾式クラッチの耐久性のなさ。半年で2回も交換。ディスカバープロのおバカ感。ナビはやはり日本製より劣る。どちらにしても乾式DCTの1速目をモーターかなんかでアシストするなどの対応がマスト。

評価
外観:★★★★☆ プレーンで良い。
室内:★★★★☆ 革シートはバックスキンで滑らないので良いです。ソフトパットのダッシュボードも良い。
走行性能:★★★★☆ エンジンはいいが、DCTが△
燃費性能:★★★★☆ 街乗りはこんなものでしょう。
装備:★★★★☆ ナビがダメ。
満足度:★★★★☆ トータルコストパフォーマンスは抜群と思う。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「クルマの出来はいい。 DCTが乾式は次のマイルドハイブリットに期待だが、湿式のディーゼルか、GTIなどの方が安心」

2017年式R「4駆のドッシリした乗り味が好みの方むき。軽快感ならGTIかもしれない」

ニックネーム:久米 年式グレード:2017/R 性別:男性(50代) 居住地域:神奈川県

排気量:2.0ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:9.0km/ℓ(市街70% 高速30%)
長所:基本的に燃費向上を考慮してシフトアップが早く行われる。スポーツモードやレースモードでは走りに重視したセッティングである。前車追従ACCが渋滞中便利で、ストレスが低減される。
短所:ディスカバープロの使い勝手が悪い。

評価
外観:★★★★☆ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★☆☆ 
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「4駆のドッシリした乗り味が好みの方向きと思う。軽快感ならGTIかもしれない」

2015年 GTI「クルマ好きなら一度は所有する価値はある」

ニックネーム:本間正広 年式グレード:2015年 GTI 性別:男性(50代) 居住地域:東京都

排気量:2.0ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:12.0km/ℓ
長所:市街地でも郊外や高速でも、どんなシーンでも対応できる。高性能なクルマなのに燃費も悪くない。後席はそれ程広くなく、荷物もあまり載らない。
短所:

評価
外観:★★★★☆ 伝統に沿って落ち着きのあるデザイン
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★★ 低速でも高速でも思い通りなハンドリング
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★☆☆ 必要にして充分ではある
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「日常の使い方でも、長距離なドライブでもどんな使い方でも充分な性能と楽しさを感じられる。クルマ好きなら一度は所有する価値はある」

2017年式R-Line「高級ブランドではないですが、充分に国産との違い(特に剛性面、直進安定性)は感じ取れる」

ニックネーム:taka 年式グレード:2017年式R-Line 性別:男性(30代) 居住地域:愛知県

排気量:1.4ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:13.0km/ℓ
長所:さすがドイツ車と思える高速での抜群の直進安定性。1400ccの排気量としては充分なトルク。ダッシュボード中が起毛仕上げなど、細かいところの丁寧な作り。
短所:発進時、低速時に若干ギクシャクする。どこからともなく時々ビビリ音がする。国産に比べるとナビが使いにくい。

評価
外観:★★★★☆ 実用性は高いが、良くも悪くもデザイン的に尖った箇所がない
室内:★★★★☆ 見た目の質感はそこそこ高いのに、走行中に時々起こるビビリ音が残念
走行性能:★★★★★ 長距離でも疲れにくく、安心して出かけられる
燃費性能:★★★★☆ 高速では17km/ℓ程度いくこともあり、ガソリン車としては充分
装備:★★★★☆ ナビ以外の先進装備は概ね満足、特にデジタルメーターは視認性抜群
満足度:★★★★☆ 細かいこと以外不満はないが、かと言って惚れ込むほどではない
このクルマの購入を検討している人にひと言
「国産車も安くない今日この頃、性能に対するコストパフォーマンスは高いと思います.いわゆる高級ブランドではないですが、充分に国産との違い(特に剛性面、直進安定性)は感じ取れると思います」

2016年TSIハイライン「DCTの低速時のぎこちなさが気になる」

ニックネーム:YN 年式グレード:2016年TSIハイライン 性別:男性(40代) 居住地域:愛知県

排気量:1.4ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:15.0km/ℓ
長所:高速での直進安定性。ACC LCAの出来がいい。ダ・シルバデザイン。
短所:DCTの低速時のぎこちなさ。ディラーでの費用、タイヤホイール等いちいち維持費が高い

評価
外観:★★★★☆ デザインはシンプルかつ完成度が高いと思う。
室内:★★★☆☆ 全席はソフトパッドだが、後席ドアはハード素材でしょぼい。つくりはいいがデザインセンスは感じられない。
走行性能:★★★☆☆ 実用域では十二分だが、5000rpm以上でもうひと伸びほしい
燃費性能:★★★★★ 
装備:★★★★☆ ナビのルート品質はおかしい、トヨタと同じナビソフトなのでVWでわざわざ変えなくていい
満足度:★★★☆☆ コストパフォーマンスはで考えると悪い
このクルマの購入を検討している人にひと言
「コストパフォーマンスは悪い。メーカーの姿勢として平気でディーゼルエンジンで不正を行なうメーカであることを考えてから購入したほうがいい」

2014年式GTI「Golf はやはり最高の小型車です」

ニックネーム:m-aono 年式グレード:2014年式GTI 性別:男性(60代〜) 居住地域:福岡県

排気量:2.0ℓ トランスミッション:DCT
平均燃費:11.5km/ℓ(街乗りは11.5、郊外では13を超える)
長所:DSGによる軽快な走り。ボデイい剛性が高く。燃費もよい。
短所:車体がやや低い。燃費がもう少し良くなればと思う。

評価
外観:★★★★★ 格好いいと思います
室内:★★★★★ 特にシートは疲れ知らず。シートのデザインは気に入っています。
走行性能:★★★★★ 走りは最高です
燃費性能:★★★★☆ もう少し良くなるといいです
装備:★★★★★ 満足してます
満足度:★★★★★ よい車を買ったと思います。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「Golf はやはり最高の小型車です。GOLF3、5、7と乗り継ぎましたが、実感しています。デザイン、走り、燃費には大満足しています。」

総合評価:さすがゴルフ、全方位で高い評価を獲得

 ゴルフ7(Ⅶ)のオーナー17名の内訳は、1.2ℓエンジン車が2名、1.4ℓエンジンのハイライン が7名、2.0ℓエンジン搭載のGTIが6名、Rが2名だった。評価は、全項目4.0以上で非常に高かった。とくに高い評価を得たのが外観と走行性能だった。逆にやや低い評価だったのは、最新のゴルフ7は、大幅な改良を受けて実質「7.5」となってかなり充実しているが、コネクティビティを含めた装備だ。
 ユーザーが気になる点として指摘しているのは、トランスミッション。DCTの発進時に発生するギクシャク感が気になるようだ。

ユーザーの平均評価
外観:4.5
室内:4.3
走行性能:4.5
燃費性能:4.2
装備:4.0
満足度:4.4

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ