MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. X3 M

【BMW・X3 M対BMW・Alpina XD3比較試乗】千秋楽の横綱対横綱だ! BMW X3 MとアルピナXD3の対決はまさにX3の頂上決戦?

  • 2020/03/25
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW・X3 M Competition × BMW・Alpina XD3

かたや510㎰を発生する最新の3.0ℓ直6ターボを搭載するX3Mコンペティション。こなた700Nmのトルキーな3.0ℓ直6ディーゼルターボを積むアルピナXD3。X3を素材として扱いながら、まったく異なる価値観を創出した2台。どちらも強烈な印象を残す、濃厚な2モデルを箱根のワインディングで味わった。

REPORT◉吉田 拓生(YOSHIDA Takuo)
PHOTO◉市 健治(ICHI Kenji)

※本記事は『GENROQ』2020年2月号の記事を再編集・再構成したものです。

 SUV人気が凄まじい。それが小型になり、スポーツ性能を高めてくると、多くのカスタマーを射程に収めることになる。ポルシェやジャガー、マセラティといったスポーティを是とするブランドがSUVをリリースし、そのイメージを引き上げているのである。

 だが正直に言うならば、これまでただの1度も、SUVがスポーツカーの代替になると感じたことはない。どんなにSUVが車高を下げ、電子制御で路面を捉えたところで、地球上を走る限り、物理の法則を歪めることはできないのである。

 以前BMW X3の高性能モデルであるM40dに試乗した。このクルマの3.0ℓ直6のディーゼルのベースはアルピナのXD3と同じ。けれどスポーツというテーマで切ると、どちらのモデルにも溜飲を下げることができなかった。

 M40dはMらしい快速モデルだったが、シャシーの味付けが安定方向過ぎ、ドライブしていて楽しいとは思えなかった。一方のXD3は、こちらが挑発してもいつもの「アルピナ・スタンス」を崩さない大人の乗り物であり、カーブの曲率がタイトになると少し物足りなさを感じた。

 だが今回の乗り比べの話をもらった時、頭の中のモヤモヤに整理が付きそうな気がした。新開発、正真正銘のMユニットであるガソリン直6ターボのS58のデビューモデルとなったX3Mコンペティションと、アルピナ仕立てのディーゼルを搭載したアルピナXD3である。今回のアルピナの役どころは、新登場となる「真性のMのSUV」の実力を計るモノサシといったところか。

走行モードをメモリできるM1/M2ボタンをステアリング上に配置するM専用レザーステアリングを採用。
一体型ヘッドレストのMスポーツシートはホールド性に優れている。

NAエンジンのようなフィーリングを持つS58B30A型3.0ℓ直6ツインターボエンジン。510㎰/600Nmのパワーは圧巻だ。

 両車のエンジンはガソリンとディーゼルという違いはあっても、排気量はともに2992㏄であり、ボア×ストロークも84×90㎜で同一。21世紀のモジュラー・エンジンはマニアをあまり興奮させてくれないのだ。だが出力特性は大きく違っている。

 333㎰の最高出力と700Nmもの最大トルクを誇るアルピナ・ディーゼルに対し、Mのガソリンは510㎰、600NmとこちらもSUV界の常識を超えているのだ。

 箱根の山を駆け上がるため、最初にステアリングを握ったのはXD3。先日アルピナのアンドレアス・ボーフェンジーペン社長にインタビューする機会があった。彼はMをライバル視していないし、BMW側に忖度することもないと言っていた。自分たちの理想を実現する、ただそれだけ。その理想とはロングツアラーなのだと強調していた。

 であるならばXD3がタイトコーナーの途中でスロットルワークに対し鼻先の反応が少し鈍いのは狙ってのことかもしれない。1750rpmという低域から700Nm越えのトルクが後押しするアルピナXD3は、不思議なくらいに乗り手の心拍数を上げない乗り物だ。ひとたび回りはじめるとガソリンエンジンよりも静かなディーゼルユニットによって、スピードだけが上昇していく。
 
 21インチ、40扁平のミシュランを履くMに比べ、22インチ、35扁平のピレリを履いたXD3は、スクエアなタイヤショルダーの形状から想像される通り直進性に重きを置いている。リヤ3サイズアップ(フロント255、リヤ285)という極端なタイヤ幅の違いも、安定方向のハンドリングを担保している。XD3はアンドレアス社長の証言がピタリと当てはまるロングツアラーなのだ。

〈SPECIFICATIONS〉BMW X3 Mコンペティション
■ボディスペック
全長(㎜):4730
全幅(㎜):1895
全高(㎜):1675
ホイールベース(㎜):2865
車両重量(㎏):2030
■パワートレイン
エンジンタイプ:直列6気筒DOHCツインターボ
総排気量(㏄):2992
最高出力:375kW(510㎰)/6250rpm
最大トルク:600Nm(61.2㎏m)/2600~5950rpm
■トランスミッション
タイプ:8速AT
■シャシー
駆動方式:AWD
サスペンション フロント:マクファーソンストラット
サスペンション リヤ:5リンク
■ブレーキ
フロント&リヤ:ベンチレーテッドディスク
■タイヤ&ホイール
フロント:255/40ZR21
リヤ:265/40ZR21
■環境性能
燃料消費率(㎞/ℓ:WLTCモード) 9.1
■車両本体価格(万円) 1394

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ