MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. インテグラ

学生でも手がとどく⁉︎ 20代の車好きにおくる100万円以内で買える中古の国産スポーツカー5選【モーターファンおすすめ中古車5選】

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、若者のクルマ離れが進んでいるが、地方を中心に、クルマ好きの若者は未だに健在。自分で車を改造したり、サーキットへ持ち込むクルマ好きも多い。今回はそんなクルマ好きや、スポーツカーに興味があるけど先立つものが……という若者へ、100万円以内で買える楽しい中古の国産スポーツカー5選を紹介する。

スポーツカーはどんな時もクルマ好きの憧れだ。子どもの頃いつか乗りたいと思ったクルマ、テレビで見てかっこいいと思ったクルマ、自分が運転するところを妄想したクルマ、クルマ好きにはそんな思い出がたくさんあるのではないだろうか。今回の「モーターファンおすすめ中古車5選」では、100万円以内で買える「あの頃憧れたスポーツカー」を紹介する。現在のスポーツカーはどれも値段が高く、20代ではなかなか簡単に新車で購入できなくなった。だが、中古車は別。昔憧れて、いつか自分のものにしたいと思ったモデルも案外100万円以内で安く購入できてしまうものも多い。そんな意外(?)と安い魅力あるスポーツカー5台を選定した。ぜひ自分に合う一台を見つけていただきたい。

選ぶに当たって、モーターファン編集部の「20代・クルマ好き・地方出身」のスタッフとその周辺にもリサーチを行なった。今回は、「100万円で買える」クルマを選んだが、中古のスポーツカーを選ぶとなると、クルマを見極める目も重要だ。また購入してから、「手を入れてコンディションを上げる、あるいは維持するためのコスト」もそれなりにかかることも忘れないようにしたい。100万円で買える中古スポーツカーは、どうしても低年式になる。クルマによっては新車登録から10年以上経った個体も多くなる。コストについては、余裕をもって考えたい。

先代 日産フェアレディZ(2002〜2008)Z33型なら100万円で手に入る!

日産フェアレディZ

フェアレディZといえば、日本を代表するスポーツカーの一台だ。現在6代目で、今回紹介するモデルは5代目(Z33型)に当たる。4代目の生産終了から2年の空白を経て2002年に復活した5代目のシャシーは11代目(V35型)スカイラインと同じフロントミッドシップパッケージ(FMパッケージ)を採用。3.5ℓ V6エンジンが搭載されており、トランスミッションは6MTと5ATが選べる。またスーパーGTなどの耐久レースにも参戦。レース向けホモロゲーションモデルであるバージョンニスモ・タイプ380RSやロードスターが設定されるなど幅広いラインアップが用意された。またこの5代目から2シーターのみの設定となった。

エクステリアは初代を見据えつつ、シンプルでクリーンなデザインは発売から18年経つ現在でも全く古臭さを感じない。インテリアでは初代、2代目モデルに採用されていたインパネ中央に設置された3連メーターが復活し、スポーティーな印象を引き立てている。

このZ33型の中古平均価格は現在約80万円を推移しており、日本を代表するFRスポーツカーを100万円以内で手に入れることができる。
※中古市場を見てみるとタマかずが多いのは、ATモデルだ。MTモデルの方が価格はやや高いようだ。

FRらしいプロポーション。加飾が過多でないクリーンなデザインもZ33型の魅力だ。

詳細スペック:ベースグレード

全長×全幅×全高(㎜)=4310×1815×1315
ホイールベース(㎜)=2650
エンジン:3.5ℓ V型6気筒DOHC
駆動:FR
最高出力:280ps(206kW)/6200rpm
最大トルク:37.0kg・m(363N・m)/4800rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
トランスミッション:5AT
新車価格:310万円
※2002年発売当時のスペック

ホンダCR-Z(2010〜2016)ハイブリッド+6MTは世界初!爽快な走りが魅力のライトウェイスポーツ

ホンダCR-Z

CR-ZはHonda独創のハイブリッドシステムのIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)と、先進的で躍動感のあるデザインが特徴だ。1.5ℓ i-VTECエンジンと小型・軽量なIMAの組み合わせにより、走りの楽しさと優れた燃費性能を高次元で両立しており、走行の状況や、ドライビングスタイルなどに合わせて、「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3つの走行モードを選択できる3モードドライブシステムを搭載している。またこのクルマのトピックはハイブリッドカーとして世界で初めて6速MTを設定したこと。当時はハイブリッドカー=エコという考え方が主流だったが、その概念を見事覆した。

エクステリアは当時ヒットしていた2代目インサイトやプリウスと同じワンモーションフォルムとし、空力を追求したドアミラーやアウタードアハンドルなどに、専用デザインが採用されている。インテリアは運転席側は運転に必要な機能を集中配置し、スーパー3Dメーターを中心に、その左右に水平基調のバー表示とした計器類をレイアウト。高い視認性と、クリスタルブルーの照明による未来感を演出している。残念ながら(いまのところ)一代限りで消滅してしまったCR-Zだが、タマ数はスポーツカーしては少なくない。価格はお手頃だ。

平均中古車価格は、約75万円。ハイブリッドと6MTによるクリーンで爽快な気持ちの良い走りを求める人におすすめだ。

現在のホンダ車のハイブリッドモデルはe:HEVが主流。e:HEVがシリーズハイブリッドなのに対して、IMAは機構がシンプルで「軽量・コンパクト」なパラレル式。あくまでエンジンが主体だ。

詳細スペック:α(CVT)

全長×全幅×全高(㎜)=4080×1740×1395
ホイールベース(㎜)=2435
エンジン:1.5ℓ 水冷直列4気筒SOHC+モーター
駆動:FF
最高出力:113ps(83kW)/6000rpm
最大トルク:14.7kg・m(144N・m)/4800rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:CVT
新車価格:249万8000円
※2010年発売当時のスペック

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ