MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

フォード マスタング最新情報[新型/旧型/中古車/価格/燃費/試乗]のカタログ比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

1964年のデビュー以来、マッスルカーの代名詞として君臨するFRスポーツクーペ。もともとはアメリカの国内市場向けという色合いが濃かったが、“One Ford”戦略のもと、2013年に登場した現行モデルからは本格的な世界戦略車へと変身。日本にも導入されるはずだったモデル史上初の右ハンドル仕様は、英国や豪州などに展開されている。
 17年1月のロサンゼルスショーでは、フェイスリフトした18年モデルが発表された。よりスリークなフェイスデザインに改められたほか、メーターには多機能な12インチLCDスクリーンを初採用。また、トランスミッションには新開発の10速ATも採用される。エンジンは従来の3.7ℓV6が廃止され、2.3ℓ直4エコブーストと5.0ℓV8の2本立てに変更。5.2ℓV8が搭載されるハイパフォーマンスモデルの「シェルビーGT350」には、18年モデルから磁性流体サスペンションのマグネティックライドが採用される。

フォードマスタング 2014年11月発売モデル

50イヤーズ エディション


価格 465万円
排気量 2300cc
駆動方式 FR
最高出力 314ps(231kW)/5500rpm
最大トルク 44.3kg・m(434Nm)/3000rpm
乗員 4名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る