テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/09/24
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一

難波治のデザインウォッチング フランクフルト・モーターショー編 5 アスパーク編 OWL アスパーク OWL 和製スーパーEVスポーツ

IAA2017:前スバル デザイン部長・難波治のコンセプトカー デザイン放談 Part 5

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホール9に向かおうとしたら、聞いたことのないメーカーのブースに、なにやらスーパーカー然としたクルマが展示してある。ASPARK OWL。これ、日本のメーカーの作品なのだ。

ホール9の端っこといっても、新参者が自動車メーカーと並んでブースを出展できたのには、ちょっと驚いた。

ーこれ、日本のメーカーの作品なんですって。びっくりしました。
(詳細は、既報の記事をご覧ください)

難波:ボクも昨日、アスパークの社長と話をしていろいろ伺いましたよ。

ーこのクルマはいかがですか? 1台300万ユーロ。4億円だそうですよ。
難波:これはですね、最初に見たときにどういうものなのかなって、まず思ったんです。フロントにエンジンが入っているようなボリュームはまったくなかったですし、かといって、ミッドシップのボリュームのつけ方でもなかったので、直感的にこれはEVスポーツなんだろうなと思いました。そうして、脇にあるスペックボードを見たら、やっぱりEVだったので、ああ、なるほどなと納得をしました。
シルエットというか、造形の構成というのはいわゆるレーシングカーの定番というか、組み立て方をちゃんと使っているんですけど、いま言ったようにどこにもパワートレーンが入っていない感じっていうのは、これまでになかったボリューム扱いですね。そこがとっても面白いと思いますし、全体のバランスもいいです。プロポーションも悪くない、と思います。
ただですね、ガラス周りがややちょっと厳しいかな。狭いかな。狭いというか狭苦しい感じがします。これは、わざとやっているところもあるんですよね。あんまりこう、乗り易さとか安全性とか、そういうものを前面に出すとかいうことじゃなくて、このクルマの勢いの良さっていうか、すごみを効かせたい感じもあったので、ちょっとレーシングカーっぽい視界の広さにしているんでしょう。そういうのはまったく無視したんだと思います。それで、一番破綻しているのは、フロントウインドの上端の線で、上端の位置っていうのは普通の自動車デザインでいくと、もうちょっとおでこまで、あとそうですね、50ミリくらいは切り上げてフロントウインドウをでかくしていくと、もっとバランスが取れるんです。これも最近のWECなどのエンデューロタイプのレーシングカーを見てみると、上下のクリアな部分が非常に少なくなっています。それはやっぱり300km/h以上の世界では、情報をある程度遮るというような意図で上下のクリアな部分を狭くしているんですけど、そういう意図を考えれば、このOWLの処理も全然納得なんですね。ただでも、純粋に自動車デザインというかこのクルマ全体のなかのバランス、それから使っているカーブの感じ、からいうとフロントウインドウの上端だけ、が全然質が違うというところがあるだけです。あとはね、本当に頑張ってデザインされているなと思います。非常に面白いです。

ーこのクルマ、「このままでいいから売ってくれ!」っていうオファーが、この2日間で数件あったらしいですよ。将来は50台生産する計画だそうです。


難波さん、意外や、ASPARK OWL、高評価でした。これでホール9を終えて、次はホールを8を目指します。

ということで、次はルノー編です。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る