テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/09/26
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一

難波治のデザインウォッチング フランクフルト・モーターショー編 8 CHERY編 奇瑞汽車TIGGO クーペ・コンセプト MF編集長のIAAベストコンセプトカー

IAA2017:前スバル デザイン部長・難波治のコンセプトカー デザイン放談 Part 8

このエントリーをはてなブックマークに追加
次は、中国・奇瑞汽車のTIGGOクーペ・コンセプト。奇瑞の英語表記がCHERY AUTOMOBILEである。奇瑞は、イスラエルの企業との合弁でQoros Autoというブランドも持っている。欧米のメガサプライヤー、エンジニアリング会社のサポートを受けて、自動車作りが大きく進歩している自動車メーカーだ。今回のテーマはTIGGO クーペ・コンセプトだ。

長城汽車WEYに続いて、次はまたしても中国メーカーのCHERY(チェリー)。CHERYとは中国の奇瑞汽車のこと。

ーこれはCHERYのTIGGO。僕(鈴木慎一MotorFan.jp編集長)ね、これ今回のベストというか、僕的にはカッコいいなって思ってるんですよ。
難波:いいですよ。それに本当にベストと言っていいかもしれない。バランスがいいのとスタンスがいいのと、またジャンルとしてね、乗用ベースのちょっと車高を上げたクルマがいまたくさん流行っていてXUV(クロスオーバーSUV)としていま、大いに売れているんですけど、それを最初からオリジナルで考えた感じがしますから、非常に力強くて、スポーティで、どこでも走りそうでって感じがしまして、いいですね。ただ、いろんなモチーフは売れ線のモチーフの持ち寄りです。ですから、それはそれでまた、うまい! 技がうまい!って感じはしますけどね。

ーこれも日本人のデザイナーが絡んでるんですか?
難波:これ? チェリーでしょ?

ーチェリー。中国メーカーです。
難波:東京にもチェリーの大きなスタジオがあるんですけど、これ誰がやったのか聞いてないですね。知らないなぁ。でも、そうかもしれないですね。内装も特にとりたてて、テーマとしてはまったく新しいところはないです。いままでいくつも、こんなような内装のショーカーは見ましたし、それから観音開きのドアも特に新しいことはないです。けれど、でも、まあ、いいかな。外観はかなりバランスいいですよ。プロポーション綺麗だし、ちゃんと踏ん張ってるし、この手のクルマとしてはスポーティでかつ力強いんで、かなりいいですよね。

ーこれがチェリーだと思うとびっくりなんですけど。
難波:そうですよ。本当にそうですね。チェリーのマークってヒュンダイに似てますね。ヒュンダイもこんな、あ、違う大宇だ、大宇。
ーえーっ、アキュラじゃないですか?

難波:(人の話を聞いてない)で、ちゃんとフードのパワーバルジから行くキャラクターだとか、それから、このフロントグリルも、今年出たエクシードってやつだっけ、あれちゃんとやってるでしょ。だから、わりとちゃんとブランド訴求、量産車のフォローアップちゃんとできてるっていうか、ブランドとしてのコンセプトカーとして、そこを欠かしていないので、偉いですね。これ意外とカッコいいですよ、本当に。妙にウェッジ効かせてやり過ぎてないし、最低必要源なキャラクターで構成されてる気がするじゃないですか。

ー結構丸いじゃないですか。こういうところとか。でも、そんなにぼやけた感じがしないというか。
難波:だから、それはちゃんとフェンダーとかドアとかのエッジラインがすごく効いているんですよ。それから、本当は分厚く見えるところをホイールアーチ周りの黒いパーツでちゃんと軽々しく見せている。これは、いい手法なんですけど、でもじつはこれはスバルのXVがやったやり方です。でも、カウルからベルトライン一回下がって、ずーっとあがっていく感じは、やっぱりいいですよね。ちゃんと視界を確保しながら。うん。うまいっすよ。これ。プラスとマイナスの感じ。凸とネガっていうか。その感じもすごく綺麗です。
ーCピラーのあのよくわからないのが……。
難波:あそこはまあ、最近ルノーの、あったでしょ(注:ルノー トレゾアのこと。2016年のパリ・サロンで登場)。あんなものとか、ちょっと幾何学的なとこ使いたくなるんじゃないですかね。

ーでも、背は低いけどSUVっぽくも見えるし。
難波:そう。スポーツSUVっていうかな。これまったく、本当にこのぐらいのことを日本の自動車メーカーにバシッとやってもらいたいですね。

ーそうですね。レンジローバーイヴォークが初めて出たとき、こんなの見たことなかった、みたいなのにちょっと近い感じが、そんな感じしました。


ホール8を立ち去る際に、レクサスのブースで立ち止まってLSを見て、黙って歩いていった難波さん。レクサスLSはどうなんですか?

次回は、サンダーパワーをお届けします。サンダーパワーってそもそもなんだ?

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る