テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/23
  • Motor Fan illustrated編集部

ついに終焉 国産唯一のV型12気筒エンジン トヨタ1GZ-FE型

次期三代目センチュリーのV8ハイブリッド化で国産V12の灯は消えた

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・センチュリー(二代目)が搭載していた5.0ℓ・V12エンジン
ついに発表されたトヨタのフラッグシップ・サルーン、新型センチュリー。二代目センチュリーが搭載していたのは、量産車では国産唯一のV型12気筒の1GZ-FE型5.0ℓエンジンだった。三代目にモデルチェンジすることで、国産V12の灯が消えることとなる。1GZ-FE型V12とはどんなエンジンだったのか?

 1967年デビューの初代センチュリーに搭載され、30年以上基本的に同一仕様で作り続けられてきたV8エンジンを1997年のフルモデルチェンジを機に開発されたのが、この1GZ-FE型12気筒エンジン。当時主力だった直列6気筒のJZシリーズ×2という成り立ちだ。ボア径は縮小され、コンロッドも軽量薄型。片バンクにトラブルが発生しても、もう片バンクで走り続けられる二重のフェイルセーフが採られている。

 一見してわかるように、バルブ挟み角の狭い 「ハイメカツインカム」系のDOHC4バルブ である。吸気バルブは11.8度、排気バルブは 12.5度の傾斜角。カムシャフトは排気側に駆動チェーンがバルブは直動式であり、この点 も含めて直6の1JZの設計が下敷きになって いることがわかる。

 最高出力206kWは馬力 にすると280psであり、これは当時の日本の 自動車メーカーが守っていた自主規制値の 上限。最大トルクは発売当初よりも現在のカタログ値のほうが若干低い。97年の2代目センチュリー登場以降、エンジンの改良は2度行なわれ、05年には組み合わされるATが6 速になった。生産台数が少ないながらも、ダイアグノーシス対応などはほかの量産エン ジン同様に実施されている。現在の目で見れ ば、吸排気管の取り回しとデザインに古さを感じるが、素性はけして悪くないエンジンだった。

1GZ-FE型
排気量:4996cc
ボア×ストローク:81.0×80.8mm
圧縮比:10.5
最高出力:206kW(280ps)/5200rpm
最大トルク:460Nm/4000rpm
給気方式:NA
カム配置:DOHC
ブロック材:アルミ合金
バルブ駆動方式:直動式
燃料噴射方式:PFI(ポート噴射)
VVT:吸気側


Motor Fan illustrated Vol.65「V12の作り方」

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る