テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/01/09
  • Motor Fan illustrated編集部

自動車産業の中心で、3つの革命を起こすヴァレオの最新イノベーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
48V式EVデモカー。中国の上海交通大学との連携で開発された。
ヴァレオは、今年で5年連続の出展となる2018年のCESで、今日の自動車産業を方向づける電動化、自動運転、デジタルモビリティという3つの革命の中心となる最新のイノベーションの数々を発表する。

今回、ヴァレオは世界初公開のテクノロジーとして、従来の高電圧ソリューションに比べて経済性を20%向上させる新しい低電圧(48V)フルEVデモカーを披露する。 このソリューションは、2人乗りのコンパクトカーなら航続距離100km、最高時速100kmと、都市部での運転に最適。 さらにこの 48VフルEVは、高電圧システムではユーザーの安全確保の観点から必要だった部品やシステムの一部が不要になるため、高電圧フルEVソリューションに比べ、より経済的だ(20%以上)。小型48VフルEVの価格レベルは9000ドル(約101.3万円)程度と、低く抑えることができるとヴァレオは発表している。

「SCALA」レーザースキャナー

ヴァレオのテクノロジーは、フランスのエンジニアリング会社NavyaがCESで発表する世界初のロボタクシーAutonom Cabの中核も担っている。フル電動でドライバーレスのこの車には、ヴァレオのSCALAレーザースキャナーが7台搭載されている。SCALAは乗用車向けに特化して設計され、初めて量産化された現時点で世界唯一のLiDARスキャナーであり、自動運転車の重要な構成要素。2016年のCESで初公開されたSCALAは、ハイテクなイノベーションを量産へと迅速に移行させるヴァレオの能力を示す完璧な例であると言えるだろう。

個々の乗員の体調や室温に対する感じ方に応じて、いつでも車室内のどこにいる乗員にとっても最適な空調を実現する新たなシステムも出展する。このシステムはドライバーの気分を感知し、疲労度や緊張の状態に応じて、覚醒あるいはリラックス効果のあるフレグランス、イオンを放つ。

ヴァレオが今回のCESで発表するこれらの革新的なソリューションやテクノロジーは、いずれも幅広く対応できる価格レベルでありながら個々人のニーズに対応し、EVや自動運転車、コネクテッドカーの開発に貢献する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated