テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/20
  • Motor Fan illustrated編集部

日立:ファナック製ロボットを搭載した産業用ロボット自律走行装置「HiMoveRO」を販売

製造・流通分野の生産性向上とコスト削減、労働力不足の解消に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加
HiMoveRO/CR-7iA/L搭載モデル」 (下部:「HiMoveRO」、上部:ファナック製小型協働ロボット「CR-7iA/L」)
日立製作所と日立プラントメカニクスは、産業用ロボット自律走行装置「HiMoveRO (ハイモベロ)」のラインアップに、ファナック製の小型協働ロボット「CR-7iA/L」を搭載したモデルを追加し、2018年10月より販売開始する。

 日立が開発した産業用ロボット自律走行装置「HiMoveRO」は、多様な産業用ロボットを上部に搭載し、専用レールや移動ガイドが無くても自律的かつ高精度に走行させることが可能。固定して利用されることが多い産業用ロボットの作業範囲を広げることができ、生産性向上やコスト削減、労働力不足の解消に貢献する。この「HiMoveRO」に新たに搭載するファナック製「CR-7iA/L」は、可搬質量7kgで、これらを組み合わせた「HiMoveRO/CR-7iA/L搭載モデル」は、部品や商品が入ったコンテナの搬送・配膳作業などに適している。

 2016年10月に販売を開始した双腕ロボットを搭載したモデルの「HiMoveRO」は、セル内での精緻な作業や軽量の作業に適しており、医薬・医療分野の研究・開発、電子部品および半導体製造分野の組み立て・検査工程に採用されてきた。今回「HiMoveRO/CR-7iA/L搭載モデル」がラインアップに追加されたことにより、部品や商品が入ったコンテナの工程間搬送・配膳、段取り替えなどの補助作業にも対応できるようになり、作業に適したモデルを選択することで、自動化・ロボット化の工程を広げることが可能。さらに、「HiMoveRO」を制御するコントローラは、「HiMoveRO/CR-7iA/L搭載モデル」「HiMoveRO/双腕ロボット搭載モデル」、オプションの自動走行台車「HiMoveRO-Mini」で共通のため、これらを組み合わせたより高度なロボットシステムを構築することもできる。

 近年、消費者ニーズの多様化やデジタル化の進展に伴い、製造・流通分野では、変化する顧客ニーズにスピーディな対応をするために、生産や物流の高効率化や生産性向上が求められている。また、日本国内では人口減少に伴う労働力不足が顕著で、省人化は急務になっている。こうした中、産業用ロボットを効率よく活用することは、課題解決の手段の一つだ。
 
 これらのニーズに対応するため、日立と日立プラントメカニクスは、30年以上にわたり手掛けてきた無人搬送車の豊富な実績・ノウハウと先進の自己位置推定技術を活用し、産業用ロボットの台車としての役割を果たし、自律走行を可能にする「HiMoveRO」を製品化した。「HiMoveRO」は、搭載されたレーザー距離センサーで周囲の情報を取得して電子地図を自動作成し、走行ルートを設定して自律走行する。誤差±10mm*以内という高い精度で目的地に停止することが可能であり、設定した走行ルートと誤差が生じた場合には、電子地図とマッチングさせて自己位置を自動で認識し、補正しながら走行する。これにより、1台で複数の作業が行えることから、顧客の生産性向上とコスト削減に貢献する。また、専用のレールや走行ガイドの設置工事が不要であるため、工事に伴う時間やコストも抑えることができるとともに、現場のレイアウト変更への柔軟かつ迅速な対応が可能だ。
*「HiMoveRO/双腕ロボット搭載モデル」において、ロボットのカメラシステムと連動した値。走行装置単体の場合は±30mm。

 今後、日立は、「HiMoveRO」の販売を通じて、製造・流通分野向けソリューションの拡充を図るとともに、自ら製造業で長年培った経験・ノウハウを基にOT(制御・運用技術)とITを融合したIoTプラットフォーム「Lumada」や先進の研究開発を活用することで、製造・流通分野の生産性向上とコスト削減、労働力不足の解消に貢献していく。

■「HiMoveRO/CR-7iA/L搭載モデル」の仕様
可搬質量 7kg
リーチ 911mm
走行方式 2輪速度差方式
走行速度 30m/分 (最大60m/分)*
誘導方式 地図生成・位置認識方式
停止精度 ±30mm以内
走行パターン 前進、後退、カーブ走行、スピンターン
充電方式 非接触自動充電/バッテリー手動交換
バッテリー 鉛/リチウム
通信方式 無線通信
使用環境条件 一般屋内環境(気温0~40度、湿度20~80%、結露が発生しない場所)
オプション コンプレッサ(ハンド用エア発生源)
*「HiMoveRO」の走行路に作業者がいないなどの諸条件を満たした場合の速度

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated