テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/27
  • Motor Fan illustrated編集部

ザイリンクス:ダイムラーがAIを活用したオートモーティブアプリケーションの開発を加速

このエントリーをはてなブックマークに追加
【参考イメージ】ザイリンクスのテクノロジが ADAS、 AD をはじめあらゆる車載システムに搭載
ザイリンクスとダイムラーは6月26日 (米国時間)、車載システムの開発に関して提携し、オートモーティブアプリケーションの人工知能 (AI) 処理にザイリンクスのテクノロジを利用することを発表した。

 ザイリンクスが提供するオートモーティブ プラットフォームは、システムオンチップ(SoC)デバイスおよびAIアクセラレーションソフトウェアで構成される。このプラットフォームを用いたスケーラブルなソリューションは、今日のオートモーティブアプリケーションに搭載される組み込みAIのパフォーマンスを高めるとともに、低レイテンシと最高の電力効率を実現する。

 ザイリンクスは、オートモーティブ業界で12年間以上にわたり、累計4,000万ユニット以上を自動車メーカーおよびティア1サプライヤーに納入してきた実績を誇る。
 ダイムラーAG社でユーザーインタラクションおよびソフトウェア担当ディレクターを務めるジョルジュ・マッシン(Georges Massing)氏は、「ダイムラーAGのグローバルな開発センターとザイリンクスの専門エンジニアが協力することで、AIテクノロジを用いた製品の開発を加速させます。ザイリンクスとの戦略的提携を通じて、熱的に制限された環境での動作が避けられない車載システムにおいて、極めてレイテンシが低く電力効率に優れたソリューションを実現するテクノロジが当社にもたらされます。ザイリンクスの豊富な実績に強い感銘を受け、ダイムラーAGの将来の製品のために信頼できるパートナーとしてザイリンクスと協業を進めていくことにしました」と述べている。

 今回の戦略的提携の一環として、ドイツのジンデルフィンゲンとインドのバンガロールにあるメルセデスベンツ研究開発センターでは、高い適応性を誇る、ザイリンクスのオートモーティブプラットフォームへのAIアルゴリズムの実装が深層学習の専門家によって行われている。ニューラルネットワークの最も効率的な実行を実現するザイリンクスのAIプロセッサテクノロジは、メルセデス・ベンツという形で世に出ることになる。

 ザイリンクスのオートモーティブ事業部シニアディレクターであるウィラード・トゥ氏(Willard Tu)は、「最先端のAIアプリケーションにおけるダイムラーとの提携を発表できることをうれしく思います。ザイリンクスが提供する適応性の高いオートモーティブ向けアクセラレーションプラットフォームによりイノベーションを可能にする優れた柔軟性がもたらされ、ダイムラーのような業界トップ企業はインテリジェントな車載システムにニューラルネットワークを展開することが可能になります」と述べている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated