テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/11
  • Motor Fan illustrated編集部

NTN:アキシアルタイプの「複列磁気リング」を新たに開発し量産を開始

薄型・軽量でロボット関節部の角度を高精度に検出

このエントリーをはてなブックマークに追加
複列磁気リング(アキシアルタイプ)
NTNは、薄型、軽量、高精度な角度検出センサシステムを構成できる「ラジアルタイプ」の「複列磁気リング」に、新たに開発した「アキシアルタイプ」を追加し、2018年7月より量産を開始する。

 近年、目覚ましい発展を見せているロボット装置は、より緻密で高精度な位置制御が要求されている。さらに、ロボットに使用される各部品はますます小型・軽量化などが進み、特にロボット関節部の部品は、内径側に配線ケーブル等を通すことができるよう薄肉で中空形状が求められているが、中空径が小さい角度センサ(φ25mm以下)が一般的。また、多関節ロボットで多く使われている高分解能かつ高精度な光学式センサは、塵埃や油などの使用環境では機能しないという課題があった。

 NTNはこれらの課題に対応するため、回転センサ付軸受やABSセンサ付ハブベアリングなどの商品で培ってきた磁気リングおよび着磁技術を応用し、光学式と同程度の高分解能・高精度な磁気式センサを実現可能にする「複列磁気リング」を開発した。

「複列磁気リング」は、主にロボット関節部の角度を検出するために開発した輪形状の部品で、専用の磁気センサICと組み合わせることにより、角度検出として十分な17~20bit(分解能約0.0027°~0.00034°)の絶対角の角度情報を出力することが可能。また、磁気式であるため、光学式に比べて振動、高温、塵埃、油ミストなどに対する環境耐性に優れているだけでなく、今回開発したアキシアルタイプの「複列磁気リング」は軸方向幅寸法が4mmと薄型で、装置の小型化に貢献する。内径部にケーブルなどを通すことができる大きさ(内径φ41mm)の中空形状であるため、ロボット関節部への適用も容易だ。

 NTNは、本年4月からスタートした中期経営計画「DRIVENTN100」で新たな事業領域のひとつとしてロボット関連事業を強化している。今回、ロボットメーカ向けに本商品の量産を開始するとともに、引き続き市場ニーズを確認しながらサイズバリエーションを増やすなど、事業展開を進めていく。



【開発品の特長】
1) 高分解能:17~20bit(分解能 約0.0027°~0.00034°)
2) 薄型、軽量、中空形状
3) 耐環境性:磁気式であるため振動、高温、塵埃、油ミスト等に対する耐環境性に優れる
4) 絶対角検出が可能

【用途】
・ ロボット関節部の角度検出のためのエンコーダ ・ モータ回転角検出のためのエンコーダ

【販売目標】 2020 年度 1 億円/年

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る