テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/09/13
  • Motor Fan illustrated編集部

パナソニック:LPWA通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の共同実証実験を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニックと東電タウンプランニングは、2018年9月13日(木)より、LPWA(※1)無線通信と電子ペーパー(※2)を活用した電柱広告の実証実験を開始する。

 道路上に掲出できる電柱広告は、街中や幹線道路で多くの人々に幅広くアピールできる広告媒体だ。

 今回の実証実験は、日本パーキング株式会社(NPC)とともに、NPCが管理運営する駐車場で実施する。駐車場の看板から周辺の道路上に設置した電子ペーパー付電柱広告にLPWA無線を使って通信し、「空車/満車」情報をリアルタイムに表示。駐車場を利用したい人に、幹線道路からは見えない路地に入った駐車場の空き状況を、その路地の手前で伝えることにより、駐車場の稼働率向上につなげる。同時に渋滞緩和や違法駐車の解消の効果も期待されており、周辺地域の快適な街づくりに貢献する。

 パナソニックがLPWA無線通信とシステム全体の開発を行い、東電タウンプランニングが新たな電柱広告による広告効果と事業性を検証、三和サインワークス株式会社が筐体と看板の開発、大日本印刷株式会社が電子ペーパーの開発を行う。

 東京電力管内には約600万本の電柱がある。本実証実験を通じ、電柱広告をネットワークでつなげ、LPWA無線通信と電子ペーパーを活用した新たな広告媒体としてのあり方や情報発信サービスの有効性の検証を行い、地域社会に貢献する電柱広告の開発をさらに推進していく。

※1 LPWA:Low Power Wide Areaの略称で、 消費電力を抑えて遠距離通信が可能な通信方式。
※2 電子ペーパー:自発光せずに表示情報を可視化する媒体。 電気的に表示を切り替える。 紙と同様に軽く、 薄く、 曲げられる。

実証実験の概要

1. 期間:2018年9月13日(木)~2019年3月(予定)
2. 実験地域:東京都墨田区向島3-32(向島第3パーキング)
3. システム概要:
駐車場内に設置した発信機よりLPWA無線通信にて「空車/満車」情報を発信。
駐車場周辺の電柱上に設置した制御ボックスで信号を受信し、 電柱広告上の電子ペーパーの表示を変化させる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated