テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/10/16
  • Motor Fan illustrated編集部

マグナ:新しいシートビジネスを受注・サポートするための新生産拠点開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
約1年前にマグナ史上初の BMWグループ向けシートビジネスの生産が開始した。11日、マグナの従業員とBMWグループの代表者が参加し、シートビジネス追加受注に伴う、シート生産新拠点の開設を一緒に祝った。チェコ共和国ホムトフにあるこの新拠点から、BMW社の複数機種向けのさまざまな形状のシートを納品する。この新拠点での生産は、2018年末までに開始する。

 最新鋭のこの生産拠点は、客先には生産効率と製品品質、また従業員にはフレキシブルな作業環境を提供するスマート工場生産コンセプトを採用する。6,000平方メートルの生産エリアがあり、年間シート生産36万台の生産能力がある。また、現状で150の新雇用を創出しており、2019年中には、さらに150、合計300の雇用を創出する予定。

 ホムトフ シーティングのジェネラルマネージャーであるMartin Polívka氏は「この拠点新設の経済効果は、マグナだけでなく、ホムトフのコミュニティーにとっても有益です。私たちの拠点は、新しい発展や変わりつつある客先の要件に対応する為、高い柔軟性に重きを置いた最新技術を採用しています」とコメントしている。

マグナ シーティングのプレジデントである Mike Bisson氏は「私たちの仕事は、シート生産だけが仕事ではあ りません。可能なものを明確にし、それを客先の変わりつつあるニーズを満たすために供給することが私たちの仕事です」とし、「BMW グループのような世界的に活躍するお客様向けのビジネスを継続的に受注することは、マグナが世界市場で成長をするために重要で、革新的でコスト効率の良いシートソリューションを提供するマグナの能力を証明します」 とコメントしている。

 マグナのシート部門は、欧州に16の生産拠点(うち5拠点がチェコ共和国内)、その他の地域に50の生産拠点と6つの開発拠点を擁する。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated