テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/03/19
  • Motor Fan illustrated編集部

ボルグワーナーのインテリジェントカムトルク駆動、燃費効率改善と排出ガス低減を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリジェントカムトルク駆動(iCTA)
ボルグワーナーは、次世代カムトルク駆動装置であり、革新的なテクノロジーで優れた燃費効率と排気ガス削減を実現する、インテリジェントカムトルク駆動(iCTA)を発表した。将来の可変バルブタイミング機構において業界をリードするiCTAは、カムトルク駆動(CTA)とトーショナルアシスト(TA)技術の最も優れている点を融合している。

 将来の排気ガス規制を満たすには、排気ガスの通気をより効率的かつ調整可能にすることが重要であり、iCTAがその鍵を握っている。iCTAは、カムトルク駆動(CTA)とトーショナルアシスト(TA)を融合することで、エンジン作動範囲全体にわたるカム位相調整を瞬時に行い、最適な車両性能を維持しながら排出ガスを削減し、燃費を改善する。ボルグワーナーのiCTA機構は、バルブの開閉が最適になるよう調整し、条件に応じてエアフローを最大化、最小化することができる。あらゆる種類のエンジンにおいてiCTAでその性能を実現できるが、その中でも、カムトルクエネルギーが変動する直列4気筒エンジンに導入すると効果的だ。iCTAは、変換部内のオイルを循環させることでオイル消費量と機械損失を低減させ、燃費を向上させ、排出ガスを低減し、車両性能を改善する。

 なお、カムシャフトが回転することによって変動するカムトルクが発生する。iCTAは、このエネルギーを利用してエンジンオイルポンプからのエネルギーを増強する。この技術には、正面取付型ソレノイドと、変換部をカムシャフトに固定するコントロールバルブ内蔵型ボルトを使用する。iCTAは、既存のセンターボルト構造内にすべての必要な機能を統合し、既存のカムトルク駆動(CTA)またはトーショナルアシスト(TA)との互換性を確保している。

 iCTAは、あらゆるエンジン回転数において安定した性能を確保し、形状もコンパクトで、低温始動から高速走行まであらゆる走行状況に対して最適なエアフローを提供する費用効果の高いソリューション。2019年および2020年に中国と北米における大手自動車メーカー2社のさまざまな車両に初搭載される予定だ。

 ボルグワーナー・モールスシステムズの社長兼事業本部長であるジョエル・ウィガート氏(Joel Wiegert)は、「世界における排気ガス規制はますます厳しくなっています。自動車の性能を損なうことなく排出ガスを低減し、燃費を改善することができるiCTAは環境対応製品です。iCTAはあらゆるエンジン構造に搭載することができ、特に直列4気筒エンジンにとっては最良のソリューションです。iCTAによって、当社の業界をリードする可変バルブタイミング機構製品がより一層強化されました」と述べている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated