MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/10
  • 遠藤正賢

“おしゃれな”フィアット500「アッラモーダ」100台限定で発売!

通常は設定のない「1.2ラウンジ」をベースにボルドー外装やブラウン本革シートを設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィアット500アッラモーダ。ボディカラーは初導入のアバンギャルドボルドー
FCAジャパンは9月7日、Aセグメントのプレミアムコンパクトカー「500」に、イタリア語で“おしゃれな”を意味する限定車「アッラモーダ」を設定。9月16日より100台限定で販売開始することを発表した。

フィアット500アッラモーダ。ボディカラーはボサノバホワイト

ベース車とされたのは、69ps・10.4kgmを発生する1.2L直列4気筒SOHC8バルブエンジンと5速自動MT「デュアロジック」を搭載する「1.2」に、通常は85ps・14.8kgmを発する0.9L直列2気筒DOHC8バルブ直噴ターボエンジン+デュアロジックを搭載する「ツインエア」にのみに設定されている装備充実グレード「ラウンジ」を組み合わせた「1.2ラウンジ」。

アバンギャルドボルドーのボディカラーと同色のインパネ
ボサノバホワイトのボディカラーと同色のインパネ

ボディカラーは初導入となるアバンギャルドボルドーと、人気のボサノバホワイトの2色を設定。インパネもこれらボディカラーと同色とすることで、内外装の一体感を高めている。

クロームメッキパーツやアルミホイールを装着した「アッラモーダ」のリヤまわり

エクステリアにはさらに、特別装備のクロームミラーカバーや、「ラウンジ」に標準装備の「クローム仕上げキット」(サイドウィンドウボトムライン、エキゾーストパイプフィニッシャー、アクセントライン付きバンパー)や「14スポークアロイホイール+185/55R15タイヤ」を追加して、より華やかな装いとした。

ポルトローナ・フラウのブラウンレザーシート

そして、イタリアの高級家具メーカー「ポルトローナ・フラウ」のブラウンレザーシートを採用。インテリアの質感を大幅に高めている。

販売台数はアバンギャルドボルドー、ボサノバホワイトとも50台ずつで、ステアリング位置は右のみ、価格は2,386,800円。なお、「フィアット500アッラモーダ」のエアコンには、カタログモデルと同じR-134aではなく、新冷媒のHFO-1234yfが搭載されているため、リサイクル料金のうちフロン類料金が対象外となっている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る