MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/19
  • 遠藤正賢

ホンダが東京モーターショー2017でワールドプレミアのモビリティ5台を一挙追加公開!【ホンダ・ロボキャス/家モビ/ふれモビ/チェアモビ/Ai-Miimo】

「アーバンEVコンセプト」と「NeuV(ニューヴィー)」の内外装に関する追加画像も公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
「トーキョーコネクテッドラボ」ホンダブース出品モデル各車の使用イメージ
本田技研工業(ホンダ)は10月19日、10月27日から11月5日に開催される第45回東京モーターショー2017の特設サイトを更新。

これまで車名のみ公表されていた世界初公開モデル「ロボキャスコンセプト」および、主催者である日本自動車工業会のテーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB(トーキョーコネクテッドラボ)2017」向けに出品されるモビリティ「家モビコンセプト」、「ふれモビコンセプト」、「チェアモビコンセプト」、「Ai-Miimoコンセプト」を一挙公開した!
ホンダ・ロボキャスコンセプト

東7ホールのホンダブースに展示される「ロボキャスコンセプト」は、一人ひとりの夢やアイデアを叶えるために生まれた、電動モビリティ。走行機能を持つコンパクトな車体ベースに、キャリースペースとなる上屋を自由に組み合わせることができる。モノを運んだり、人を乗せて移動したりするのはもちろん、週末に趣味を生かしたオリジナルカフェや、こだわりのスープ屋、カレー屋を開いてみたりすることも可能だ。

ホンダ・ロボキャスコンセプト

また、自動運転技術により、“トコトコ”と人に付いて行く姿はとても可愛らしく、みんなを元気にしたり幸せにする“相棒”のようなコミュニケーションロボットといえよう。

東京モーターショーでは、音楽を通して楽しいショーを演出するのをはじめ、ホンダブースキャストの一員として、来場者の思い出づくりをお手伝いするという。

ホンダ家モビコンセプト

「単なる移動を超え、情報や暮らしとつながるモビリティの未来」をさまざまな体験を通じて発見する、東京モーターショー主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017(トーキョーコネクテッドラボ)」は西3ホールで展開される。

これまでこうした“つながる”ための研究をモビリティーやエネルギーの分野で続けてきたホンダは今回、“もっと、家族と一緒にいよう。”をコンセプトに、“家族とのつながり”にフォーカス。暮らしながら移動でき、家族との時間が増え、絆も深まる「家モビコンセプト」をはじめとする独創的なモビリティを、同コーナーに別途設置されるホンダブースにおいて提案する。

ホンダ家モビコンセプト

家とクルマがシームレスにつながる「家モビコンセプト」で、ホンダはデジタルであらゆるモノやコトがつながる近未来の社会において、フェイスtoフェイスで温かな“つながり”を提供。クルマから家へ、家からクルマへ電力エネルギーやエンターテインメント情報をやりとりできる。

ホンダ家モビコンセプト

そして、駐車中は約3畳の“部屋”としてのスペース活用も可能。ゲストルームとして友人を招いたり、パントリーとして週末の買い物に出かけたりするなど、ライフスタイルに合わせて自由に使うことで、移動と生活の新たな可能性を広げていくことができるようになる。

ホンダ・ふれモビコンセプト

「ふれモビコンセプト」は、は人と人の“ふれあい”をテーマにしたモビリティの提案。1人乗り用の電動車いすサイズに、2名乗車を可能とした新しいレイアウトを持つ。乗り降りも含めて一緒に移動することで、自然な“ふれあい”を2人に促す設計となっている。

ホンダ・ふれモビコンセプト

2人の気持ちがつながることで、お互いの気持ちが前向きになり、もっと社会とつながる。2人に寄り添い、コミュニケーションを深める1台のモビリティから“人と人、人と社会の新しいつながり”が始まるものと、強く期待している。

ホンダ・チェアモビコンセプト

「チェアモビコンセプト」が目指したのは、屋内から屋外まで誰もが気兼ねなく使える“チェア型モビリティ”。「まるで歩くように、気軽にモビリティで移動できる自由を、すべての人に」という想いから生まれたという。

ホンダ・チェアモビコンセプト

歩行者と並んで移動できる協調性、狭い所にも入れるコンパクトなサイズと小回り性、坂道でも姿勢を保てる安定性、そして歩行者目線の高さから椅子に座った高さまで座高を自由に変えられるフレキシビリティ。

ホンダ・チェアモビコンセプト

これらを備えることで、ワンマイルの自由な移動を可能にし、人と社会のつながりを活性化する。ショッピングモールやカフェなど、さまざまなシ-ンに合わせて使える、“毎日の暮らしのさらなる快適”を目指している。

ホンダAi-Miimoコンセプト

「Ai-Miimoコンセプト」は、電動で自走しながら自動で芝を刈り取るロボット芝刈機「Miimo」をベースにした新しいコンセプトの提案。人とのコミュニケーション機能を持たせることで、日々の暮らしをサポートする。

ホンダAi-Miimoコンセプト

このユニークで愛らしいデザインには、便利な道具を超えて、ペットや家族の一員のように、暮らしに潤いや笑顔をもたらすパートナーになってほしいという想いが込められている。

ホンダ・アーバンEVコンセプト
ホンダ・アーバンEVコンセプト

ホンダ・アーバンEVコンセプト
ホンダ・アーバンEVコンセプト

またホンダは、10月18日にも同サイトを更新。2019年発売予定のEV専用モデル「アーバンEVコンセプト」や、EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」の内外装に関する新たな画像を追加公開。

ホンダNeuV(ニューヴィー)
ホンダNeuV(ニューヴィー)

ホンダNeuV(ニューヴィー)

「アーバンEVコンセプト」は初代シビックを彷彿とさせるレトロスタイル、「NeuV(ニューヴィー)」は“未来の乗り物”感溢れるデザインテイストながら、両車とも大型ディスプレイをインパネに設置した極めてシンプルなインターフェイス、駆動用バッテリーを前席床下から荷室にかけて搭載した合理的なパッケージングなど、ホンダのEVに対する一貫した設計思想がうかがえるものとなっている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る