MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

西棟3階、西3ホール(W3502) 鏡面仕上げが美しい「RAYS」のプロトホイール【東京モーターショー】

  • 2017/11/03
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルクレーシングG25 REFABモデル

10月25日から開幕した第45回東京モーターショー2017(会場:東京ビックサイト)では、クルマだけでは部品メーカーによる出展も見どころの一つ。純正&アフター用ホイールメーカーとしてお馴染みのRAYSブースで、まるで美しい最新作ホイールを発見!

ボルクレーシングG25 REFABモデル

まだ「部品館」が存在していた晴海時代、幕張時代の東京モーターショーで、長年レギュラー展示を続けていたレイズ。ホイールメーカーとしてお馴染みの同社が、第44回から出展を再開。今回も新作アイテムを持ち込み、注目を集めていた。

今回展示されたホイールは計14本。なかでも最注目は、プロトタイプの1本、ボルクレーシングG25 REFABモデル。
「REFAB」とは、RAYS ENGINEERING AND BRIGHTENING TECHNOLOGYの頭文字をとった造語。覗き込んだ人の顔がはっきりと映り込むほど磨き込んだ、鏡面仕上げの薄く示唆が特徴です。複雑な造形のホイールをこれだけムラなく磨くというのも、さすがトップメーカーの技術力といえるだろう。

今回のRAYSブースには計14本のホイールが展示されている。

ブースではほかにもWECに参戦するトヨタTS050が履く「WEC LMP1」といったモータースポーツ系のホイールから、トヨタや日産などのメーカー純正装着ホイールまで、ジャンルレスに展示されている。レイズの代名詞である鍛造製法の製品はもちろん、鋳造製法のホイール、マグネシウムホイールなど、製造方法や素材による質感の違いをじっくりと見比べながら、同社の技術の高さを感じることができる、今回のショーは最良の機会となっている。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ