MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ランドローバー|LAND ROVER
  4. レンジローバーイヴォーク

よりデザイン性の高いLANDMARK EDITIONも設定。 デザインコンシャスなイヴォークが2018年モデルに進化!

  • 2017/11/22
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

5ドア、クーペ、コンバーチブルと多彩なボディスタイルを設定するレンジローバー・イヴォークが2018年モデルに進化を遂げた。11月12日より受注が開始される。

デザインコンシャスなSUV(コンバーチブルの設定もあるが……)として人気を博しているレンジローバー・イヴォークの2018年モデルが登場した。

最大のトピックはイヴォークの全グレードにジャガー・ランドローバーが自社開発した新世代のINGENIUMエンジンである2L直列4気筒ガソリンターボ(245ps/340Nm)& 2Lディーゼルターボ(180ps/430Nm)を搭載したことだ。このINGENIUMガソリンエンジンは先代モデルのエンジンと比較して15%の燃費向上と低回転からの高トルクによるドライバビリティ向上を実現している。

2018年モデルではインフォテインメントシステムもさらなる充実化が図られた。従来の「InControl Touch Pro」にコネクティビティ機能が追加され、スマートフォンのアプリを介して車両から離れた場所でドアロックや解除、エアコンの操作などを行うことができるようになった。

LANDMARK EDITION
LANDMARK EDITIONのインテリア。

またイヴォークのデザイン性をさらに強調した「LANDMARK EDITION」も設定される。「SE PLUS」をベースにモレーヌブルー、ユーロンホワイト、コリスグレイの3色の専用カラーを用意。19インチのグロスダークグレーフィニュッシュホイールやルナステッチを施した専用インテリアが採用された魅力的なモデルだ。

レンジローバー・イヴォーク2018年モデル価格は502〜855万円となる。

おすすめのバックナンバー

新型マツダCX-30デビュー!!

新型マツダCX-30デビュー!! 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ