MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/30
  • G-WORKS編集部

「SOLEX」のミクニが試作した、L型チューニング・エンジン用の“スロットルキット”とは?<第1回>

旧車チューンドエンジンの“相棒”的存在の「SOLEX」シリーズを製造販売していた“ミクニ”が、L型のチューンドエンジンへの装着を想定したインジェクション・スロットルキットを試作したというので、ミクニに行って話を聞いてきた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
上は「SOLEX」シリーズの最大口径モデルである「SOLEX50PHH」で、下が今回取り上げるミクニの試作スロットルキット「EHS46R×3」。キャブレターピッチのスロットルボディは今でも入手可能なモノが幾つかあるが、SOLEX直系と言える本家「ミクニ」の製品とあれば、「それは見逃せないぞ」と気になる旧車ファンも少なくないだろう
事の始まりは2017年の東京モーターショー。会場内で「ミクニ」のブースを見つけたので、「今年はSOLEXの展示はあるかな?」と訪れてみたところ、SOLEX50PHHの展示はあるにはあったが、それはただのオマケに過ぎず、メインはその後継機としての「インジェクション・スロットルキット」だった。色めき立って近くにいたミクニのスタッフに声を掛け、「コレは何ですか?」と尋ねたところ、試作のL型用インジェクション・スロットルキットだと判明。その場で取材を申し込んだというワケだ

2017年の東京モーターショーの会場内で見つけたミクニ・ブースでは、まさかの「L型エンジン」のヘッドと試作のインジェクション・スロットルキットが展示されていた

旧車のエンジンをチューニングする上で欠かせない存在が“キャブレター”。その代表的なメーカーはSOLEXとWEBERの二つだが、「扱いやすい」という評判で装着率が高いのはSOLEXの方。L型エンジンのチューニングをするときにまずおこなう事を表す「ソレ(SOLEX)・タコ(タコ足)・デュアル(デュアルマフラー)」という言葉があるくらい、キャブの代名詞として認知されている。そんなSOLEXシリーズを製造販売していたミクニが、その後継モデルの販売を検討中だというのだから、旧車ファンとしては見逃せない。

ミクニ・SOLEXシリーズの最大口径機で、純粋なレーシングキャブとして以前から憧れの対象である「SOLEX50PHH」。とっくに生産は終了しており、現存数の少なさもあって、今ではけっこうビックリするくらい高価な値段で取引されているようだ

旧車(改)雑誌の代表を自負するG−ワークスとしては、その気になるインジェクション・スロットルキットがどんなモノかをみなさんに伝えねばならない!と取材をおこなった。その内容は「G−ワークス2018年4月号」で紹介しているので、詳しく知りたい人はそちらを見ていただきたいのだけど、「ちょっとサワリだけでも知りたい!」って人に向け、このコーナーで3回に分けて連続で展開してみようと思ってます。お楽しみに〜!


Gワークス 2018年4月号
紙でも電子書籍でも、絶賛発売中!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る