MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. インプレッション

アストンマーティン・ヴァンテージ試乗記 新型アストンマーティン・ヴァンテージは走れて、曲がれるスポーツカーの王道だ!

  • 2018/08/20
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

むしろGT3に寄せている

 今日的なスポーツモデルは可変レートダンパーなどを駆使しながら街乗りから高負荷領域まで幅広いレンジでライドフィールをカバーするのが普通だが、ヴァンテージの乗り味は明快にソリッドだ。エンジンや変速マネジメントと同様、スポーツ〜スポーツプラス〜トラックと3段階の任意設定が可能な可変ダンパーを最も柔らかいスポーツに設定しても、舗装の荒れた峠道でマージンをとって走ろうとすればホッピングを意識しなければならないほど、コイルやスタビのレートからして硬そうな応答ぶりである。
 
 路面状況の整った高速巡航などではスポーツプラスの減衰力の方が車体の動きが落ち着くが、首都高のような環境ではスポーツの方がかえってグリップのリニアさに安心感が抱けるだろう。そしてトラックモードはクローズドコースかそれ並のコンディションを持つ路面のことを想定しているようだ。

 気づけばホイールハウスあたりからのスプラッシュ音の侵入も容赦なく……と、新型ヴァンテージはそのキャラクターを意識しているだろう911になぞらえるとカレラというよりはGT3の側に断然近い。峠道を緩めのペースで流す時にも頼りになるのはeデフによる高い旋回力だが、これがなければ曲げるにしても、気合いを入れて荷重をきっちり押し付けていく必要があるだろう。
 
 そうしてこそ真のパフォーマンスが発揮されるセットアップが施されたこのクルマは、乗る側も本気のスポーツカーとして向き合わなければ宝の持ち腐れとなってしまう。繰り返しになるがヴァンテージとはアストンにとって、代々そういうクルマなのだ。

※本記事は『GENROQ』2018年8月号の記事を再編集・転載したものです。

20インチのホイールは細い10本スポークが美しい。ブレーキは前6ポット、後ろ4ポットで強烈なストッピングパワーを発揮する。
後部ラゲッジスペースの容量は350ℓと、トランスミッションをリアにレイアウトするトランスアクスルでありながら実用性は非常に高い。

SPECIFICATIONS
アストンマーティン・ヴァンテージ
■ボディサイズ:全長4465×全幅1942×全高1273㎜ ホイールベース:2704㎜ 
■車両重量:1530㎏
■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:3982㏄ 最高出力:375kW(510㎰)/6000rpm 最大トルク:685Nm(69.9㎏m)/2000〜5000rpm
■トランスミッション:8速AT
■駆動方式:RWD
■サスペンション形式:Fダブルウイッシュボーン Rマルチリンク
■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク
■タイヤサイズ:F255/40ZR20 R295/35ZR20
■パフォーマンス 最高速度:314㎞/h 0→100㎞/h加速:3.6秒
■環境性能(EU複合モード) CO2排出量:245g/㎞ 燃料消費量:10.5ℓ/100㎞
■車両本体価格:1980万円

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ