MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ランボルギーニ|LAMBORGHINI
  4. アヴェンタドール

770psを発生するV12、驚異の空力、エアロベクタリング、軽量化などなど、トータルで仕上げた走行性能 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは5000万円だけど宇宙船より安い? これは摩訶不思議な乗り物だ!

  • 2018/09/24
  • GENROQ編集部 吉岡 卓朗
このエントリーをはてなブックマークに追加
LAMBORGHINI Aventador SVJ

ニュルブルクリンク北コースで6分44秒97という金字塔を打ち立てたランボルギーニ最速マシン、アヴェンタドールSVJの試乗会がポルトガル・エストリルサーキットで開催された。スーパースポーツカーとは何か? その疑問に常に正面から向き合うランボルギーニの最新の答えを試した。

 ランボルギーニのフラグシップスーパーカー、アヴェンタドールの究極の姿がアヴェンタドールSVJである。これまでの最速モデルであったアヴェンタドールSVに、ランボルギーニとって特別な意味のある“J”を追加した900台限定のスペシャルモデルである。その特徴を端的に述べるなら、空力を追求したデザイン、ボディにまでカーボンを多用して徹底された軽量化、それによって得られる最高のハンドリング、そして極めつけは770psにまで高められた至宝とも言える自然吸気V12エンジンだ。もちろん4輪駆動、4輪操舵はさらにその精度を高めているという。そのランボルギーニ最速モデルの試乗会がポルトガル・エストリルサーキットで開催された。

 ピットに並べられたアヴェンタドールSVJを見てみると、空力を追求したという言葉が伊達ではないことを思い知らされる。フロントバンパー上にはフィンが設けられ、そのリアビューにはヘキサゴン型の巨大なリアスポイラーと、オメガシェイプと称される巨大なリアディフューザーが構え、すでにただ者ではない感が漂っている。
 
 だが単に多くの空力付加物が備えられただけではない。SVJにはウラカン・ペルフォルマンテにも搭載された驚異の空力可変機構、ALA(エアロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーバ)を搭載しているが、その中身はALA2.0を名乗るように進化しているという。これは加速減速時、あるいはコーナリング時に前後左右のフラップを開閉することで最適のダウンフォースを得ることを目的としている。

 スタッフに案内されて、ピットに並ぶアヴェンタドールSVJの一台のシザーズドアを開けて乗り込む。座面は手動式でスライドさせてシートポジションを決める。背もたれは調整できないレーシングシートが装着されていた。このシートはフルバケット形状だが幅広く、背もたれの角度も立ち気味で不満だったが、ランボルギーニはアド・ペルソナムというオーダーメイドプログラムがあるから、オーナーなら好みを子細に調整できる。グローバル試乗会で我慢するしかないのはいつものとおりだ。

試乗映像はこちら!

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ