MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/27
  • MotorFan編集部

トヨタがポルトガルのバス製造会社に燃料電池システムを供給

2019年秋の路線バス完成を目指してカエタノ・バス社が開発と製造を担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタの欧州事業を統括するToyota Motor Europeは、ポルトガルでバスを製造・販売するカエタノ・バス社に燃料電池システムを供給することを発表した。

 カエタノ・バス社は、2019年秋を目指してFCスタックや高圧水素タンクなどを含むFCシステムを搭載した路線バスを開発・製造。欧州での水素利用の拡大に向け、この路線バスが走行実証試験を開始する。

 同社は1946年より商用車の生産を開始。近年はEVバスを開発し欧州各国に販売している。さらにグループ会社カエタノ社とトヨタは1968年、商用車の欧州への供給拠点として「トヨタ・カエタノ・ポルトガル」を設立した経緯がある。この長年にわたる信頼関係に加え、バス開発・製造の実績を踏まえて、燃料電池システム供給が決定された。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る