MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/18
  • MotorFan編集部

クルマと対話する「MBUX」を初搭載!  メルセデス・ベンツの新型Aクラスは、強豪が溢れるCセグメントの台風の目となるか!?

1.4ℓ 直4ターボを積む「A180」が322万円!! 魅力的プライスを実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツの新型Aクラスが、ついに日本上陸した。四代目となる最新モデルはプラットフォームを一新し、日本市場には新開発パワーユニットである1.4ℓ 直4ターボを7速DCTと組み合わせる「A180」二車種をラインナップ。そして、なによりも注目ポイントは、クルマと会話ができる「MBUX」の初搭載である。

すべてにおいて、より洗練されたスポーツコンパクトへと大刷新!!

 2018年2月にオランダ・アムステルダムで発表され、10月のパリモーターショーで一般公開された新型Aクラスが、ついに日本に上陸を果たした。

 Aクラスといえば、初代と二代目はトールスタイルのコンパクトモデルというパッケージングが特徴的だったが、三代目からライバルと真っ向勝負となるワイド&ローのスタイルを持つロングルーフのスポーツハッチへと一新。結果、それが世界的なAクラスの大成功へとつながり、今回発表された最新型はそれを踏襲することになった。

 発表会の舞台となったのは「新虎通りCORE」。新橋と虎ノ門を結ぶ、東京の新たなシンボルストリートにオープンした森ビルが展開する複合施設が会場である。

 まさにプラットフォーム、パワーユニット、スタイリングを一新した新型Aクラスの門出に相応しい最新スポットだ。

A180 style
A180 style

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る