MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/27
  • HYPER REV編集部

お帰りトム・コロネル! WTCR2018鈴鹿ラウンドはコロネル歓迎ムードに包まれる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ピットウォークでのサイン会に大忙しのトム・コロネル選手。
1996年から2003年まで日本のレースに参戦していたトム・コロネル選手が、鈴鹿サーキットで開催のWTCR世界ツーリングカーカップ第9ラウンド『JVCケンウッド・レース・オブ・ジャパン』(2018年10月26日~27日)に、ブーツェン・ジオニン・レーシングよりホンダ・シビックTCRで出場。鈴鹿サーキットでのコロネル選手のレースは2014年に開催されたWTCC以来とあって、鈴鹿サーキットは歓迎ムードに包まれた。
大勢のファンが集まりコロネル選手はもちろんチームスタッフも大喜び。

コロネル選手は1996年~97年にトムスより全日本F3選手権に参戦し、97年にシリーズチャンピオンを獲得。1998年~99年にはNakajima Racingよりフォーミュラ・ニッポンに参戦して99年にシリーズチャンピオンを獲得。また、同チームより98年~99年に全日本GT選手権に参戦。2003年にはチーム無限と童夢レーシングより全日本GT選手権に参戦した。
アグレッシブかつ強いドライビングにより多くのファンを魅了した。さらに、サーキットに訪れるファンに対しても常にフレンドリーに接する姿勢から、今でも彼の動向を追いかけているファンは多い。

トム・コロネル選手自身も「5年間暮らした日本、そして鈴鹿サーキットは私の第2のホーム」「4年ぶりに鈴鹿サーキットでのレースに帰ってきた。鈴鹿は私のラッキーサーキット。2018年は何が起こるかな?」とツイッターで語っているように、今回の日本でのレースを非常に楽しみにしている様子だ。

コロネル選手のマシン『HONDA CIVIC TCR』。

そんなコロネル選手の久々のお目見えとあって、10月27日(土)の鈴鹿サーキット、特にピットウォークではトム・コロネル選手の前に誰よりも多くのファンがサインを求める行列ができた。我々メディアの面々に対しても、「おお! 久しぶりだね! もちろん覚えてるよ!」と笑顔で接してくれるのだ。
当時からトム・コロネルのレースを撮影している佐藤正勝カメラマンとも記念撮影。
「僕のところに昔サーキットで会っていた仲間がたくさん来て懐かしい話をしてくれるけど、みんな太ってしまって、髪の毛が真っ白になってるんだよ!」とコロネル選手は笑うが、そういうコロネル選手こそ頭は白髪だらけだったとお伝えしたい。

27日に行われたレース1は17位と残念な結果となっているが、明日、10月28日(日)も11:00からレース2、12:30からレース3の2レースが行われる。2013年WTCC鈴鹿戦では優勝しているだけに、リベンジが期待される。

(文・写真:Fumio Watanabe)

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る