MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. X5

ビジネスからファミリーユースまで使えるマルチな大型SUV 悪路走破性が劇的に進化した新型BMW X5は早くも期待大!

  • 2018/11/24
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWがSAVという新たなコンセプトを初めて打ち出したのが、初代X5だった。以降、プレミアムSUV市場のマーケットリーダーとして全世界で2200万台以上が販売された。そして2018年、ついに4代目となる新型X5がデビューを果たす。卓越した悪路走破性とプレミアムSUVならではの内外装を纏った新型を分析する。
TEXT◎佐藤久実(SATO Kumi)
PHOTO◎BMW AG

 BMW X5は、オンロード志向のスポーティなSUVのパイオニアとも言える存在だ。その4代目となるニューモデルの国際試乗会が、アメリカのアトランタで開催された。

 試乗したグレードは、X5 xDrve30d。3.0ℓ直列6気筒ディーゼルエンジンに8速ATを組み合わせ、最高出力265㎰、最大トルク620Nmのパワースペックを有する。ボディサイズがひと回り大きくなり、全幅はドアミラーを含めると2m越えとなる。室内に乗り込むと、シートのヒップポイントがBMWとしては珍しいほど高めに設定されている。ドライバーオリエンテッドなコクピットレイアウトであることは変わらないが、最新のオペレーティングシステムが搭載され、フルデジタルのメーターパネルやコントロールディスプレイが採用されていて、新鮮な印象だ。

 楕円形のメーターパネルは、両サイドにスピードメーターとタコメーターが表示され、センターにはナビゲーションの地図を表示できる。ヘッドアップディスプレイも表示されるため、ドライバーは運転中でも目線の移動を最小限に抑えることができ、視認性、安全性も高まっている。一方、コントロールディスプレイには、最大10ページのメインメニューが表示され、各メニューで4個のコンテンツを並べられるので、操作性や利便性も高い。新型X5はコネクティッドも大幅に進化している。

静粛性の高い3ℓ直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する。アウトプットは265㎰/620Nmを発生し、トランスミッションは8速ATを組み合わせる。ドライバビリティに優れたディーゼルエンジンだ。
 エンジンスターターボタンを押すと、車外からのアイドル音はディーゼルエンジンとわかるが、室内は極めて静粛性が高い。走り始めた後も、Dレンジで普通に走っている分にはその静粛性が保たれ、高回転まで回転数を上げてみると、心地良いサウンドが響く。質感高く、ディーゼルエンジンのネガティブさは皆無だと感じた。もちろん、低回転域からのトルキーなドライバビリティは、ディーゼルならではのものだ。

 だが、「質感の高さ」をより強く感じたのはフットワーク。けして締まった印象ではなく、快適な乗り心地をキープしながらもフラットライドが保たれている。バネ下の重量感もなく、いなし方も見事だ。今回、初めて4輪にエアサスペンションが採用されたことが大きく功を奏しているのだろう。スポーティからラグジュアリーにイメージ転換か、と思いきや、ワインディングでは大きなボディがキュッと縮んだかのような俊敏性を見せるからなお驚かされる。一般常識では背反しそうな要素が見事にバランスされているのだ。

ついにBMWも大型の12.3インチ液晶モニターによるインフォテインメントシステムを採用した。ヘッドアップディスプレイやハーマン・カードン製ステレオシステムも用意される。スワロフスキー製のクリスタルシフトノブが洒落ている。
フルサイズSUVのX5は前席、後席の居住性も十分に満足がいくレベルの広さを実現している。

 というのも、サスペンションのみならず、ダンパー、スタビライザー、アクティブ・ステアリング、AWDなどなど、あらゆる装備が電子制御によってコントロールされている。それでいてクルマに操られている感がなく、ドライバーの操作に忠実に、いつ、何の機能がどのように作動しているかを意識させずに自然体で気持ち良く走らせてくれる。四輪操舵に至っては、よく曲がり、ボディサイズを感じさせない、という印象はあるものの、装備されていることすら感じさせない自然さだ。統合的な制御の熟成度には恐れ入った。

 快適性とオンロードのハンドリングのバランスが見事だが、開発者によると、そもそもエアサスペンションは、オフロードでの走破性向上のための必要条件として採用したとのこと。オフロード試乗も用意されていたが、サマータイヤのままでも高い悪路走破性を披露した。

 ドライバー・アシスタント・システムも最新のものが装備され、安全かつ快適にドライブできる。のみならず、将来の自動運転に向けた取り組みも垣間見える。たとえばブレーキバイワイヤーシステムは、制動力、コントロール性ともに満足いくパフォーマンスだった。

 新型X5は、ビジネスからファミリーユースまで、オンロードからオフロードまで走りのレンジが広がり、マルチに活躍するSUVとして進化している。

※本記事は『GENROQ』2018年12月号の記事を再編集・転載したものです。

SPECIFICATIONS
BMW X5 Xドライブ 30d
■ ボ デ ィサ イズ:全 長4922×全幅2004×全高1745㎜ ホ イ ー ル ベ ー ス:2975㎜ トレッド:Ⓕ1666 Ⓡ1685㎜ ■車両重量:2185㎏ ■ エ ン ジ ン:直 列6気筒DOHCディーゼルターボ ボア×ストローク:90×84㎜ 総 排 気 量:2993㏄ 最 高 出 力:195k W(265㎰ )/4000rpm 最 大ト ル ク:620Nm(63.2㎏m)/2000〜2500rpm ■トランスミッション:8速AT ■ 駆 動 方 式:AWD ■サスペンション 形 式:Ⓕ ダ ブ ル ウ イッシ ュ ボ ーンⓇ5リンク ■ブレーキ:Ⓕ&Ⓡベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ(リム幅):Ⓕ&Ⓡ255/55R18(8.5J) ■ 環 境 性 能(EU複合 モ ー ド ) 燃 料 消 費 率 :6.8〜6.0ℓ/ 100㎞

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ