MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. インプレッション

NISSAN SERENA HIGHWAY STAR Driving Impression 日産セレナ ハイウェイスター:室内長と室内幅はクラスナンバー1

  • 2018/11/28
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイウェイスター Vセレクション(FF 特別仕様車)

旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.108 2018-2019年 最新ミニバンのすべて」から「日産セレナ ハイウェイスター」の一部を抜粋してご紹介。

レポート=岡本幸一郎[本文]/山本晋也[写真解説] フォト=井上 誠/中野幸次 モデル=大島奈々

セレナ独自の開放的な視界と専用チューンの足まわり

 持ち前の広い室内空間に多彩なシートアレンジ、豊富な収納スペースなど、もともとセレナがライバルをリードしていた部分のアドバンテージをさらに広げたのが現行型だ。室内長と室内幅はクラスナンバー1を誇り、使い勝手においてもいろいろ新しいことにチャレンジしており、これ以上は考えられないほどだ。

 また、低床ではないプラットフォームによる高い目線や、下端を低めたサイドウインドウによる開放的な視界も競合車とは異なるセレナならではの特徴として挙げられる。織物と合成皮革を組み合わせたプレミアムインテリアや、「ハイウェイスター」でも明るい内装色が選べるようになったのもありがたい。

 標準車もスポーティな意匠になったとはいえ、全長が80㎜長く、全幅も45㎜大きい「ハイウェイスター」はさらにスポーティ。また、新設定の2トーンカラーや16インチホイール&タイヤが選べるのも特権だ。

 S-ハイブリッドは発進時には低出力ながらモーターが押してくれる感覚もあり、変速比幅を広げたCVTや諸制御の進化も効いて、出足の加速から中~高回転域に掛けての吹け上がりがより軽やかになっている。

 プラットフォームを長らくキャリーオーバーしながらも走りは大きく洗練されており、専用セッティングの足まわりは乗り心地と走行性能のバランスもちょうど良い。

 乗車定員が8名であることや価格に対する価値の高さを理由に、e-POWERではなく、S-ハイブリッドを選ぶ人も少なくないという。

ダッシュボードの上部にロー&ワイドにフルデジタルのメーターをレイアウトすることで、情報伝達と視界の確保を両立。底部がフラットなステアリングはウォークスルーで移動するときに膝の邪魔にならないのがうれしい。
専用バンパーなどにより3ナンバーとなるが、基本骨格は小型車サイズのためそれほど気にならない。リヤゲートのハンドルはライバルより低めで、手が届きやすい。

ハイウェイスター Vセレクション
全長×全幅×全高(㎜):4770×1740×1865
室内長×室内幅×室内高(㎜):3240×1545×1400
ホイールベース(㎜):2860
トレッド(㎜) 前/後:1480/1485
車両重量(㎏):1690
エンジン種類:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量(㏄):1997
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):110[150]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):200[20.4]/4400
モーター最高出力(kW[㎰]):1.9[2.6]
モーター最大トルク(Nm[㎏m]):48[4.9]
燃料タンク容量(ℓ):55(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:195/60R16
最小回転半径(m):5.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):16.6
車両本体価格:293万4360円

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ