MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/13
  • MotorFan編集部

人気のスズキ アルトが仕様変更を実施〈SUZUKI ALTO〉

安全装備を強化し落ち着きのある内装色にチェンジ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキの軽自動車を代表する人気モデルのアルトが、一部仕様を変更して市場に投入される。その骨子は安全性のさらなる向上で、新設定のエクステリアカラーと落ち着いたインテリアカラーの採用もトピックだ。

PHOTO&REPORT●並木政孝(NAMIKI Masataka)

【未経験者歓迎!】自動車業界の求人を今すぐ見る!<品質保証>

 1979年の登場以来、軽自動車を代表するモデルとして金字塔を打ち立てるスズキ アルト。そしてこの度、8世代目へと進化を遂げた現行モデルに一部仕様変更が行なわれた。そのトピックスは安全装備の強化であり、F、Lを除くモデルに「スズキ セーフティ サポート」を標準装備。前方衝突被害軽減ブレーキは約5km/h~100km/hへと引き上げられ、歩行者を検知する機能を追加。また、前後の誤発進制御、車線逸脱警報、ふらつき警告などクラスを越えた安全機能を充実させ高い安全性を提供する。

 室内は落ち着きのある内装加飾と共にシート表皮を落ち着きのあるネイビーへと変更。インパネ&ドアトリムガーニッシュはグレージュへと改められシックな印象となる。用意されるグレードはF、L、S、X、ワークスの5タイプとなり、RSグレードはカタログから消滅した。車体色は新設定となるブリスクブルーメタリックを含めた全4色。別色のバックドアを廃止しシンプルなスタイルへと変更されている。

インパネは既存のアイボリーからグレージュとなり、落ち着きのある雰囲気を漂わせている
ハイバックタイプのシートは表皮のカラーをライトブルーからネイビーへと変更

S、Xグレードにはディスチャージヘッドランプを新たに設定して視認性を向上
スズキ セーフティ サポートをS、X、ワークスの3グレードに標準装備(F、Lはオプション設定)

SPECIFICATIONS
スズキ アルト X スズキ セーフティ サポート
全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1500
室内長×室内幅×室内高(mm):2040×1255×1215
ホイールベース(mm):2460
トレッド前/後(mm):1295/1300(2WD)/1295/1290(4WD)
車両重量(kg):650(2WD)/700(4WD)
エンジン形式:水冷直列3気筒DOHC
総排気量(cc):658
最高出力(kW[ps]/rpm):38[52]/6500
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):63[6.4]/4000
燃料タンク容量(ℓ):27  ※無鉛レギュラーガソリン
トランスミッション:CVT
駆動方式:2WD/4WD
タイヤサイズ 前/後:165/55R15
JC08モード燃費(km/ℓ):37.0(2WD)/33.2(4WD)
車両本体価格:税込み:117万1800円(2WD)/126万6840円(4WD)


スズキ アルト ラパンに「大人かわいい」特別仕様”モード”誕生。インスタ映えも間違いなし♪

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る