MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > マツダ > アクセラ > マツダ・アクセラが「マツダ3(Mazda 3)」ということは、アテンザは? デミオは?ロードスターは?
  • 2018/12/25
  • MotorFan編集部

マツダ・アクセラが「マツダ3(Mazda 3)」ということは、アテンザは? デミオは?ロードスターは?

マツダのグローバルモデル名戦略は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
次期アクセラは、「マツダ3(Mazda 3)」として登場。世界統一モデル名となる。
マツダは、2019年春に国内投入する次期アクセラの名前を、グローバルで使っている「マツダ3」に切り替える。もちろん、マツダの新世代商品群のブランディング強化の一環だ。
こちらは、現行マツダ・アクセラ

 マツダの基幹車種であるアクセラは、日本ではアクセラだが、グローバルでは「Mazda3」と呼ばれている。スカイアクティブXエンジン、スカイアクティブ・ビークルアキテクチャーなどを採用する新型から、日本でも「マツダ3」を名乗ることなる。マツダ・アクセラの源流を辿れば、前の名前が「ファミリア」であることは多くの人がご存知の通り。このファミリアは、欧州ではMazda 323」であったし、北米では「プロテージュ」だった。
 地域によって異なっていたモデル名をグローバルに統一する動きは、最近の自動車メーカーのブランディング戦略の常套手段だ。トヨタもヴィッツの名称を次期モデルから世界統一モデル名として「ヤリス」に切り替える。


 こうした動きを考えると、マツダの他のモデルはどうなるだろうか?

マツダ・アテンザは「マツダ6」に

マツダのフラッグシップセダン「アテンザ」は「マツダ6」になるはずだ。

 マツダのフラッグシップセダン/ワゴンであるアテンザ(Atenza)のグローバルでの名称は、マツダ6。こちらも、次期型登場(2020年?)の際に、「マツダ6」と名乗ることになるだろう。
 次期アテンザは、FR化(+直6ディーゼル搭載)の噂がある注目モデル。FR化してより上級シフトするタイミングでアテンザの名をMazda6に変えるのは自然な流れだろう。


次期アテンザ? RX7? マツダが開発中という噂の「FR」モデル。トランスミッションはどうなる?

マツダ・デミオは「Mazda 2」に

デミオは「マツダ2」に

 エントリーモデルであるデミオのグローバルでのモデル名は「Mazda2」である。デミオも、2020年にはフルモデルチェンジを受けるはず。そのタイミングでマツダ2になるわけだ。

 その他のモデル、つまりSUVのCX系は、もともとグローバルでモデル名が統一されているから、問題なし。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る