MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/30
  • GENROQ編集部 永田 元輔

GENROQ編集長が選ぶ「欲しいカー・オブ・ザ・イヤー2018」やっぱりスーパーカーでしょ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
各媒体の編集長が2018年に登場したクルマの中から欲しい1台を選ぶ「欲しいカー・オブ・ザ・イヤー2018(HOTY)」。最後を飾るのはスーパースポーツカーを中心にエクスクルーシブなクルマを扱うGENROQの永田です。

TEXT●永田元輔(NAGATA Gensuke)

「2018年に登場した新型車の中で、個人的に欲しいなと思ったクルマを選んでくださいよ」と、MotorFan jp担当からお題を与えられ「ああ、いいよ」と気軽に返事をしてしまったものの、いざ実際に欲しいクルマ、となるとかなり悩んでしまいます。

 GENROQ編集長という仕事柄、普通の人が一生に一度も乗る機会がないようなクルマに乗ったりもしますので、運転しながら「スゲーな、これ!」と感心することはたくさんあるのですが……。とりあえず、現在の純粋な自分の気持ちに正直になって、2018年に乗った中から3台を選んで見たいと思います!

3位:ベントレー・コンチネンタルGT

 個人的にクーペが好き、というのもありますが、何と言ってもこの優雅なスタイルにはしびれます。流れるようなフォルムとふくよかなライン、それでいて適度な緊張感もあるデザインは、しばし見とれてしまうほどです。

 ヘッドライトのキラキラ感やクルクル回るインパネなどはちょっとやりすぎかな、と思わなくもないですが、クルマ全体から漂うエレガントさはさすが、VWグループに入ってもイギリスの美学が息づいていますね。

 そしてW型12気筒のシルキーな回転フィール、上品に湧き上がるトルクは絶品。本革とウッドでグルグルに巻かれたインテリアに身を収め、軽くステアリングに手を添えて景色の良い道を流していると、このままどこまでも走って行きたい、という気分にさせてくれます。細かいことを言えば、メーターが液晶ではなく、アナログ式ならもっと良いのですが。

 最近、本国ではコンバーチブルも登場しましたが、Cピラーのラインが好きなので、やはりクーペを選びたいです。


2位:メルセデス・ベンツC200アヴァンギャルド

 え? いきなりここでCクラス?と思う方もいるかもしれませんが、このC200は本当に欲しいな、と思ってしまった1台です。1番の魅力はBSGと呼ばれる48Vのモーターシステムです。モーターというとハイブリッド、と想像してしまいますが、これは従来のメルセデス・ベンツのハイブリッドとはちょっと違います。

 エンジンは1.5Lの直4で、スターターと発電機を兼ねたモーターが組み合わされます。モーターは減速時には回生充電を行って電気をチャージし、加速時にはベルトを介してクランクシャフトを駆動することでエンジンをサポート。ターボのブーストが立ち上がるまでのパワー不足を補います。つまり小排気量ターボの弱点を補うためのモーターを組み込んだエンジン、というわけですね。

 ボクはトヨタのTHSが最も優れたハイブリッドシステムだと信じていたのですが、このBSGには衝撃を受けました。しかも乗ってみると街中から高速まで、実にスムーズで走りやすい。とても1.5Lとは思えない力強さ、そしてハイブリッドとは思えない自然なドライバビリティを感じさせてくれました。いま、ファミリーカーとして何か1台選べ、と言われたら間違いなくコレですね。

1位:ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター

 そして1位の栄冠は、GENROQっぽく(?)ランボルギーニです!アヴェンタドールはもう登場してからしばらく経ちますが、少しずつ進化を続けていて、2018年の秋にはSVJという最強バージョンも登場しました。

 しかし、ここで推したいのはオープンボディを持つアヴェンタードールSロードスター。デタッチャブル式のルーフはカーボン製で、2分割してフロントのトランクに収納します。ちょっと手間はかかりますが、シンプルな方式なのでスタイルを崩さず、軽量です。そしてオープンにすればV12のエンジン音をタップリと味わえます。ロードスターには開閉できるリヤウインドウが備わるので、ここを開ければ雨の日でもV12サウンドが味わえるのも嬉しいポイント。

 そう、このクルマを欲しいクルマの1位に選んだのは、やはりこのエンジンですね。スーパースポーツカーの世界でもダウンサイジング化が始まっている今、6.5LのV型12気筒NAなんて、もはやイリオモテヤマネコ並みの絶滅危惧種。おそらくランボルギーニのV12NAとしては最後のエンジンとなるでしょう。手に入れるなら今!なのです。

 エンジンだけでなく、アヴェンタドールSは今どき珍しいくらい古典的なワイルドさが味わえるクルマです。AWDやAWSなど先進のメカニズムを採用しているので運転はしやすいのですが、重厚で豪快なフィールはウラカンとはだいぶ違う、ランボルギーニ本来の世界を色濃く感じさせてくれます。もし手元に5000万円あったら、ぜひとも手に入れておきたいですね。


モーターファン編集長が選ぶ「欲しいカー・オブ・ザ・イヤー2018」COTY辞退のジムニー? それとも……

ニューモデル速報編集長が選ぶ「欲しいカー・オブ・ザ・イヤー2018」。1位はまさか、ロールス・ロイス?

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る