MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/12
  • レブスピード編集部

ADVAN Racing R6 20inch装着R35GT-R巡り【オートサロン2019】

鍛造20インチ新作ホイールは深みが魅力的!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フロントワイドフェンダーが備わるKansai service号には11.0J inset 5が備わる。タイヤは285/35R20のADVAN A052だ
東京オートサロンに今春発売予定の鍛造20インチR6を展示するADVAN Racing。装着されていた2台のR35GT-Rをチェックした

ノーマルフェンダーのHKS号には12.0J inset 20が備わる。コンチネンタル製の285/35R20を引っ張り気味に履く

 新作鍛造のADVAN Racing R6は20インチのみで、8.5Jから12.0Jまでのリム幅を揃え、国産車用114.3、輸入車用112.0と120.0のP,C.D.を用意する。
 細身の6本スポークは脚の長さを強調。また、ディープリムに加えて、スポークがステップリムの内側から立ち上がることによって、ダイナミックなコンケイブを実現。スポーク側面の股部まで途切れなくえぐられたアドバンスドサイドカットとともに、大径と深み、立体感が共存する斬新なフォルムをつくり出している。ちなみに、リムの深さはスタンダード、ミディアム、エキストラの3タイプ。静止状態もかっこいいが、回っているさまも抜群にそそるデザインだ。

レーシングキャンディレッド、マシニング&レーシングハイパーブラック、マシニング&ブラックコーディッドグラファイトの3色を設定。サイズは8.5J~12.0Jで、リムはスタンダード、ミディアム、エキストラの3タイプ

 東京オートサロン2019では、2台のR35GT-Rに装着。Kansai service号に11.0J inset 5が備わる。同社のフロントワイドフェンダーを前提としたサイズで、タイヤは285/35R20のADVAN A052だ。HKS号では12.0J inset 20とコンチネンタル製285/35R20とノーマルフェンダーの組み合わせを提案。
■YFC TEL03-3431-9981 http://www.yokohamawheel.jp/

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る