MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/22
  • HYPER REV編集部

バランスを重視した軽トラチューンの新たな提案。スズキ キャリーの荷台に茶室!?【東京オートサロン2019】

アゲ系ではワザありのホイール選択。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なんと荷台に茶室!! を備えた但東自動車のキャリィ。
ハヤリのジャンボキャビンをベースに独自のカスタマイズを実施。
オリジナリティの高さはアゲ系の中でもトップクラスだ!

リフトアップ仕様というと、一般的にはハイトが高いブロックタイヤを履いているケースが多い。リフトアップがオフロードを意識したカスタマイズだけに、そうなるのも当然だ。

しかし、このキャリィの足元を見るとインチアップしたBFグッドリッチを履いている。それだけではなく、そこに組み合わされたホイールもWORK マイスター C1という、どちらかと言えばシャコタン系に好んで装着されるモノだったりする。

コンセプトを聞いてみると、「日常的な街乗りでの快適性を高めたかったから」とのこと。なるほど、であればこの組み合わせにも納得だ。オフロード系で定番のタイヤは舗装路でロードノイズが大きいし、ホイールだって重いから乗り心地は悪くなる傾向にある。

そこで原点に立ち返り、アスファルトの上で快適なことを最優先し、たまに悪路にも入っていける。オンオフのバランスを考えた新世代の軽トラチューンは、この1台と言っていい。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る