MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

SUV!ターボ!MT! ……けっこう面白いクルマだよね!? ラピュタは本当にあったんだね! ……マツダに

  • 2019/02/02
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
ボンネットのバルジがターボエンジンの証。ラピュタの科学はすべてここに結晶しているのだ! 

ええと、出オチ的な記事ではありますが、ほとんど忘れ去られているであろうマツダのラピュタというクルマを振り返ってみましょうか。

 かの有名な映画と同じ名前を持つマツダのラピュタが登場したのは、今を遡ることちょうど20年前の1999年の3月でした。ラピュタの写真を見てお気づきの方もいらっしゃると思いますが、このクルマはスズキのkeiのOEM車両でありました。そもそもkeiというクルマは、当時RAV4やCR-V、ハリアーが巻き起こしたクロスオーバーSUVブームの流れに乗った軽SUVなのでありました。

 それをスズキからOEM供給を受けたのがラピュタで、ラインナップもkeiに準じたものです。ボディは3ドアと5ドアの2種類。エンジンはターボエンジンのみ! しかも64psのDOHCターボと60psのSOHCターボの2種類という、今思うと統一しても良いのでは……と思ってしまうような設定です(後にマイナーチェンジでNAエンジンも追加)。駆動方式はFFと4WDの2種類。トランスミッションは基本4速ATですが、SOHCターボには5速MTの設定もありました。マニュアルターボがわずか102万3000円から手に入った……と聞くと羨ましがる人もいるのでは!? 

2000年のマイナーチェンジで、グリルがマツダの5ポイントグリルとなってkeiとの差別化が図られました。

 軽自動車のSUVモデルという、今のSUVブームを先取りしたような位置づけにターボエンジン+5速MTという組み合わせ。そしてこの車名と、今ならSNSを通じて話題になっても良さそうなマツダ・ラピュタ。登場する時代がちょっと早すぎたのかもしれませんね。
 
 さて、かの映画では最終的にラピュタは人の手の届かない存在となってしまいますが。こちらのラピュタはまだ手に入れることができます。中古車市場を見ると、1月末で下は5万円から、上も45万円までで出回っています。どうですか? 50万円足らずでラピュタを思いのままに操れるのです! 運転しながらム○カごっこに浸るも良しですよ。ただ間違えても「人がゴミのようだ!」なんていう運転はしないように……。

タコメーターのフルスケールは10000rpm!
今の軽自動車のリヤシートよりも立派!?

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ