MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. インプレッション

一段と高まった実用性でクラスをリード 遊び心と想像力を刺激する「トヨタ・シエンタ」〈ひと目でわかる人気車種のすべて〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイブリッドG

先代は一時期販売を終えたものの、15年7月に復活を果たした「シエンタ」。ランニングシューズを彷彿とさせるボディはコンパクトだが、3列シートを備えており、最大で7人乗車が可能。18年9月のマイナーチェンジでは歩行者検知機能付きのトヨタセーフティセンスへアップデートされたほか、アウトドアレジャーなどに便利な機能性を追求した「FUNBASE」が追加された。

TEXT●工藤貴宏(KUDO Takahiro/写真解説)
PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)

短い全長ながら室内の広さがウリで、新たに2列車も追加された。デザインの特徴のひとつがランプとバンパーをつなぐアクセント(車体色と異なる部分)。新鮮さとアクティブな印象を与え個性を生み出す。
全長×全幅×全高 4235×1695×1675mm
ミラー・トゥ・ミラー 2035㎜
開口高 505㎜

ハイブリッドG(7人乗り/マイナーチェンジ前)
全長×全幅×全高(㎜):4235×1695×1675
室内長×室内幅×室内高(㎜):2535×1470×1280
ホイールベース(㎜):2750
トレッド(㎜)前/後:1480/1480
車両重量(㎏):1380
エンジン種類:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量(㏄):1496
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):54[74]/4800
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):111[11.3]/3600-4400
モーター最高出力(kW[㎰]):45[61]
モーター最大トルク(Nm[㎏m]):169[17.2]
燃料タンク容量(ℓ):42(レギュラー)
トランスミッション形式:電気式無段変速機
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:185/60R15
最小回転半径(m):5.2
JC08モード燃費(㎞/ℓ):27.2(28.8 ※ハイブリッド車)
車両本体価格:232万9855円
月間登録台数:7135台(18年3月〜18年8月平均値)
現行型発表:15年7月(マイナーチェンジ 18年9月)

※1は3万2400円高。※2は7万5600円高。※3は5万4000円高。★は3列シート車専用。☆は2列シート車専用。
メーター位置がかなり上にあるレイアウトは奇抜な印象を受けるが、前方視界との視線移動距離が少ない、ハンドルに遮られずメーターの表示を確認できるなど実用上のメリットが多い。メーター左の文字盤はガソリン車だとタコメーター、ハイブリッド車は出力/回生計だ。
前席:シート形状は立体的で、カーブを素早く曲がっても身体をしっかりと支える。シートの高さ調整量が65mmと多いから「高くして見晴らしを良くしたい」「低くして包まれ艦を重視したい」など好みを反映しやすい。
通常時:奥行き370mm
3列目格納時:奥行き970mm
2+3列目格納時:高さ1045mm 奥行き1595mm 幅955mm

通常時の広さは機内持ち込みサイズのキャスター付きバッグがひとつ積める程度の容量しかないが、注目は3列目格納時。まるで取り外したかのように3列目が巧みに隠れるのだ。操作が複雑なのが難点だが、隠し場所は床下で邪魔にならない。2列目は全体を前へ跳ね上げるタンブル格納式。

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ