MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

「筑波は1分4秒。富士は1分55秒だ!」トヨタ・新型スープラ(A90)のサーキットラップタイムを織戸学が大胆予想!

  • 2019/01/29
  • レブスピード編集部 佐藤和徳
このエントリーをはてなブックマークに追加

80スープラをこよなく愛し、新たにリリースされるA90スープラにも興味シンシンのMAX織戸選手。ここでは発売前に公表されたスペックから、サーキットでのラップタイムを予想してもらった。A90のポテンシャルはどうだ!?

A90スープラには3グレード設定されるが、織戸学選手にはトップグレードとなる3ℓ直列6気筒のRZで予想してもらった
 織戸学選手はA90のプロトタイプを、袖ヶ浦フォレストレースウェイで試乗済み。その際のフィーリングから、サーキット(筑波、富士、鈴鹿)でのラップタイムを予想してもらった。ここからどんなA90のポテンシャルや性格が浮かび上がるのだろうか? 果たして……。

RZのスペックは、最高出力340ps、最大トルク51kg-m、車両重量1520kg。タイヤはフロント255/35R19、リア275/35R19を装着
「まずは筑波サーキットのラップタイムから。R35GT-Rで1分2〜3秒でしょ。ならばA90は1分4〜5秒くらい。3秒にはギリギリ入らないくらいだろうね。 
 富士スピードウェイでは、180km/hの速度リミッターが切れた状態で、1分55秒くらい。ストレートエンドの最高速は250km/h弱は出ているはず。鈴鹿サーキットでは、2分25秒くらいかな」

 と、他車のタイム実績やスペック、試乗でのフィーリングから、予想タイムを即答した織戸選手。570psのR35GT-Rにはかなわないまでも、ナンバー付きの市販車そのままでこれだけのタイムを出せるとは、かなりのハイポテンシャルぶりをうかがわせる。
 ではサーキットでアタックすると、乗り味はどのようなものなのか。これだけのタイムを出すくらいならば、スパルタンなコーナリングマシンなのか?

「電子制御のリアデフが乗り味に大きく影響しているけれど、袖ヶ浦フォレストレースウェイでのプロトタイプ試乗では、ウエット路面で、しかもタイヤとのマッチングが適正とはいえなかった。
 でも、この電子制御リアデフは、ドライ路面ならばイメージは大きく変わるはず。ワザとスライドさせるような走りではなくて、リアの接地を維持して、グリップさせてスムーズに速く走らせようとすると、とても曲がりやすくていい感触だろう。

 A90の乗り味は、ポルシェに代表されるような、「スポーツカー」というものではなくて、あくまでも「グランツーリスモ」的なものを狙ったもの。ショートホイールベースから、ハンドリングレスポンスは極めてシャープな応答をするけれども、ビックリするほど、「スポーツカー」という感じではないのが印象的だった。

 とはいえ、そのような感触は、純正からタイヤを換えれば、だいぶイメージは変わるはず。国産のハイグリップタイヤを履けば、まるで様変わりするだろう。
 それからに、タイヤサイズを18インチにすることに興味がある。純正は19インチだったが、(エアボリュームが増える)18インチにしたほうがマイルドになり、懐が深い乗り味になるはずだから。車格に対して、19インチは大きすぎる印象かな」

 と、モディファイの方向性も教えてくれた織戸選手。でも、最後にひとこと付け加えてくれた。
 「A90はタイムを狙うようなクルマではなく、グランドツーリングカーだからね」

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ