MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/02
  • 浜先秀彰

【最新ドラレコインプレ】コンパクトボディに優れた基本機能を搭載 ケンウッドDRV-340 【CAR MONO図鑑】

フルHD画質のスタンダードモデル

このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコン向け専用ビュアーソフトを使用するとGPSやGセンサーに基づく情報を映像とともに表示できる。
幅広いラインナップを誇るケンウッドドライブレコーダーシリーズの最新モデル。取り付けしやすい小型ボディに必要十分な機能を備え、誰にでもオススメできる1台に仕上げられている。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki) PHOTO●澤田和久(SAWADA Kazuhisa)

問い合わせ:JVCケンウッド
電話:0120-2727-87

ケンウッド DRV-340……オープン価格

このモデルから新デザインを採用。前面にはロゴが入っていない。
場所を取らずに設置ができ、目障りにもならない。16GB・マイクロSDカードを付属。

 手のひらに納まるほどの小型ボディ(62×51×37mm)に新形状のブラケットを組み合わせることによって、場所を取らないうえにガラスへの映り込みを低減した設置が行える。

 シリーズ内ではスタンダードモデルに位置づけられるが、本体にGPS、Gセンサーを搭載しており、映像とともに位置情報や車両の動きも記録が可能。Gセンサーが急ブレーキ、急ハンドルなどを検知すると、その前後の映像は上書きを禁止する録画専用フォルダに自動的に記録される。

 バッテリーを本体に内蔵しているため駐車監視録画も可能。エンジンを切っていても車体に衝撃が加わったり、周囲の動体を検知すると自動的に録画が始まる。作動時間の目安は約25分だが別売のケーブルを接続すると最長24時間の利用が可能だ。

昼間の映像。ビデオカメラ並みといっていいほどの美しい画質。
夜間の映像。きわめて高感度で路肩の状況もよくわかる。

 1/2.7型CMOSセンサーを備え、フルHD画質(1920×1080)による映像記録が可能。さらに夜間や逆光時に明暗差を自動補正してくれるHDR機能によって白飛びや黒つぶれも抑える。

 上の画像は記録映像から切り出したものだが、フルHDモデルとしては最高レベルの画質と言っていいもの。すみずみまで鮮明で、すぐ前を走行するクルマのナンバープレートもしっかりと読み取れる。しかもこの印象は夜間でも変わることがないうえ、ヘッドライトが当たらない路肩の状況までわかるほど高感度。ドライブレコーダーを作り慣れたケンウッドだけに信頼のおける映像クオリティだ。

操作キーは運転席から手が届きやすい右側面に配置。使い勝手の良さもこのモデルの大きな魅力。

 各種の機能設定は背面の2型ディスプレイと右側面に4つ並んだファンクションキーで行えるが、操作がとてもわかりやすく初心者でも説明書を見ることなく扱えるほど。特に画面の右端にキーの役割を示すアイコンが常時表示されるのは親切だ。

 記録映像の再生は背面ディスプレイやパソコンで行える。パソコンの場合には専用ビュアーソフト・KENWOOD ROUTE WATCHERⅡ(無料/Windows用、Mac用)を利用でき、映像とともに記録された場所の地図やGセンサーの情報を表示。カレンダーからファイル検索ができるなど操作性にも優れている。

■使ってわかった3つのポイント
・場所を取らず設置が簡単
・クラストップレベルの高画質さ
・標準搭載の駐車監視機能が頼もしい

■GPS:搭載
■Gセンサー:搭載
■ディスプレイサイズ:2型
■最大記録解像度:1920×1080(フルHD)
■最大記録画角:水平約100°/垂直約52°/対角約111°

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る