MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. インプレッション

ランボルギーニ・ウラカンの新モデル、EVOは優れた頭脳を持つ、最高に楽しいスーパーカーだ!

  • 2019/03/04
  • GENROQ編集部 永田 元輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

 試乗の舞台となったバーレーン・インターナショナル・サーキットのピットをスタートし、加速していく。ブレーキングでシフトダウンしつつターンインしていくと、スーッとクルマ素直に向きを変え、そこからアクセルを踏んでいけば、強烈なトラクションでクルマは前へと突き進む。右足と直結しているかのような自然吸気V10のレスポンスの鋭さと湧き上がるパワーは、素晴らしい快感だ。

 ANIMAはSPORTモードで走っていたのだが、これがかなりオーバーステアな設定のようで、ペースを上げていくとタイトなコーナーではテールが流れ出す。しかしその流れ出しの挙動が実に自然で動きがスムーズなものだから焦ることはまったくない。おそらくクルマの中枢ではLDVIがあらゆるデータを計算して各タイヤのトルク配分やダンパー、ステアリングなどに細かく指示を出しているのだろうが、運転している方はまったくそれを知ることなく、ただこのハイパワーと自由自在の走りを楽しめるのだ。

 今回はサーキット走行だけでなく、通常のウラカンとスラロームを比較走行することもできたが、これが両車ではかなり違っていた。

 ウラカンEVOはドライバーを中心にクルマが回転するかのように向きを変え、ステアリングの切り角もウラカンより少ない。まるでクルマが小さく、ホイールベースも短くなったようで、しかも動きが軽い。素のウラカンも十分に軽快でよく曲がるのだが、ウラカンEVOと比べるとその違いは大きい。サーキットでのターンインのスムーズさも、4WSとトルクベクタリングがかなり貢献していたはずだ。

 テクノロジーの進化により、現代のスーパースポーツは超高性能を安全に提供できるようになった。ウラカンEVOは安全に加えて、その性能を引き出す楽しさも与えてくれる。まさに現代スーパースポーツの一つの究極の姿だと言えるだろう。

SPECIFICATIONS
ランボルギーニ・ウラカンEVO
■ ボディサイズ:全長4520×全幅1933×全高1165mm ホイールベース:2620mm ■車両重量:1422kg ■エンジン:V型10気筒DOHC ボア×ストローク:84.5×92.8mm 総排気量:5204cc 最高出力:470kW(640ps)/8000rpm 最大トルク:600Nm(61.2kgm)/6500rpm ■トランスミッション:7速DCT ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:FRダブルウイッシュボーン ■ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック) ■タイヤサイズ(リム幅):F245/30R20(8.5J) R285/30ZR20(11J) ■パフォーマンス最高速度:325km/h 0→100km/h加速:2.9秒 ■車両本体価格:3223万736円

GENROQ 4月号
好評発売中 定価980円(税込)

●SUPER SPORT2019
ポルシェ911、ランボルギーニ・ウラカンEVO、マクラーレン600LTスパイダーなど、最新マシンを徹底解剖
●アストンマーティン 最新事情:DBSスーパーレッジェーラ試乗/本国ファクトリー取材
●SUV NOW:ポルシェ・カイエンターボvsマセラティ・レヴァンテトロフェオvsアルファロメオ・ステルヴィオQ4/ランボルギーニ・ウルスとLM002
●ジャガーFタイプSVRとアウディA8で行くスノードライブ1600kn

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ