MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/04
  • GENROQ編集部 永田 元輔

ランボルギーニ・ウラカンの新モデル、EVOは優れた頭脳を持つ、最高に楽しいスーパーカーだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ランボルギーニのV10ミッドシップ、ウラカンに新たに加わった新モデルがウラカンEVOだ。ウラカンとしては初のAWSを採用し、フィードフォワード制御も持つLDVIを搭載している。その走りをバーレーンで試してみた。

 ウラカンはデビューからすでに5年が経つが、その間に様々なバリエーションを登場させている。このたび、また新たなバージョンがそのラインナップに加わることになった。それがウラカンEVOだ。2017年にウラカン・ペルフォルマンテが登場しているから、それから2年足らずでのニューモデルの登場である。

 搭載されるエンジンはペルフォルマンテと同じ640ps、600NmのV10エンジンだ。だが、ペルフォルマンテで採用されている先進のエアロダイナミクス、ALAはEVOには搭載されていない。その代わりに四輪操舵とトルクベクタリング、が採用されている。ちなみにウラカンにAWSが組み合わされるのはこれが初めてだ。

 そして注目は新開発のLDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)。これはアクセル開度やブレーキ、左右と垂直方向のGやステアリングの切れ角など、車両のあらゆるデータをモニターし、AWDの前後トルク配分やトルクベクタリング、ダンパーや動的挙動のすべてを制御する装置だが、このLDVIのすごいところはフィードフォワード制御を持つ点だ。つまりそれまでのデータを基に先の動きを予測するロジックが加えられており、前述のさまざまな車両のリアルタイムのデータ、ANIMAのモードなどを分析し、この先にどのような動きが求められるかを判断して各部に指令を与えるのだという。

 これのおかげでウラカンEVOは優れたパフォーマンスをあらゆる環境で多くの人が楽しめるスーパースポーツカーに仕上がっているという。実用性も重視されており、そのために大きなリヤウイングを持つALAは装着されていない。その代わりにウラカンEVO には新デザインのフロントバンパーやリヤウイング、ディフューザーなどが与えられている。見た目は大人しいが、ダウンフォースはスタンダードのウラカンの7倍にもなる。

 センターコンソールには大きな縦型モニターが装備された。大型モニターの装着もウラカンとしては初めてだが、これも実用性を大いに高めるだろう。このモニターにはナビだけでなく前後のトルク配分やAWSのリアルタイムの作動状況を表示することもできる。



自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る