MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/07
  • MotorFan編集部

【マツダCX-30サイズ比較その1】ついに登場! 話題のマツダ新型SUV”CX-30” vs 現行CX-3|CX-3をひとまわり大きくした感のCX-30

ボディサイズ、ホイールベース、タイヤサイズなど、新型CX-30と現行CX-3との違いを写真や数値で比べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
話題のマツダ新型SUVがジュネーブショーでベールを脱いだ。あ〜でもない、こ〜でもないといろいろ考えていたが、いざ蓋を開けてみると現行CX-3の後継モデルではなく、まったく新規モデルだという。ネーミングもCXシリーズ初となる二桁数字を採用し「CX-30(シーエックス サーティ)」として登場した。その詳細はすでにMotorFan.jpでレポート済みなので、ご覧になった方も多いことだろう。そこでここでは、いつものサイズ比較を全4回の小連載として行ってみる。第一弾の比較対象モデルは現行CX-3だ。

【ジュネーブショー速報! 新型Mazda CX-30】なんと驚きの二桁数字! CX-30として登場

【続報! 新型Mazda CX-30】 マツダの新しいSUVモデルがジュネーブで登場! SKYACTIV-X搭載モデルも!

【新型CX-30】■全長×全幅×全高=4395mm×1795mm×1540mm ■最低地上高=未発表

※数値は暫定値

【現行CX-3】■全長×全幅×全高=4275mm×1765mm×1550mm ■最低地上高=160mm

【新型CX-30】■ホイールベース=2655mm ■トレッド=F:未発表/R:未発表 ■タイヤ=215/65R16・215/55R18

※数値は暫定値

【現行CX-3】■ホイールベース=2570mm ■トレッド=F:1525mm/R:1520mm ■タイヤ=215/50R18

全高以外はCX-30がCX-3よりひとまわり大きい

※CX-30の数値は暫定値

 数値的に見ると、CX-3とCX-30のユーザーターゲットは別物と見ていいのかもしれない。逆に巷間、販売好調のトヨタC-HRが対抗馬になるのではとも言われている。

 C-HRの寸法は、全長×全幅×全高=4360mm×1795mm×1550mm、ホイールベース=2640mm。CX-30とほぼ数値的に変わりなしといった模様。

 今後、CX-30が激戦区のSUV市場でどう戦っていくのか。期待は膨らむばかり。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る