MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

日本にジャストサイズ! シュコダ・スカーラってどんなクルマ? ライバルはVWゴルフでもアウディA3でもなく、マツダ3!〈SKODA SCALA〉

  • 2019/04/09
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年にデビューしたシュコダのCセグメントハッチバック、それが「スカーラ」だ。フォルクスワーゲン・ゴルフやアウディA3と同じくMQBプラットフォームを採用している、いわば従兄弟のようなモデルだが、とにかくこのスカーラ、見れば見るほど日本にピッタリのコンパクトカーに思えてくるのだ。プレミアムを謳わず、それでいて高付加価値を持つ……マツダ3の最大のライバルは、実はスカーラかも知れない。

実はシュコダは名門ブランド

 日本ではあまり知られていないが、チェコは東欧屈指の工業国である。そのチェコを代表する自動車メーカー「シュコダ」の歴史は、なんとオーストリア・ハンガリー帝国時代の1895年にまで遡る。

 今となってはフォルクスワーゲン・グループの一員ではあるが、フォルクスワーゲンともアウディともセアトとも違う、独自のキャラクターで存在感を放っているのだ。

 担当者の勝手なイメージだと、フォルクスワーゲンはフツー、アウディは先進的、セアトはスポーティ、そしてシュコダはエレガントといったところ。かつてのランチアに近いともいえそうだ。

 そんなシュコダが、2018年にリリースしたCセグメントハッチバックが素敵すぎるので紹介したい。

 その名を「スカーラ」といい、VWゴルフやアウディA3と同じくMQBプラットフォームを採用しているのだが、なにしろそのエクステリアからして最高にカッコイイ。アバンギャルドとエレガントを高次元で融合させていて、大人っぽいのに若々しくもあるという稀有なデザインだ。

 まぁ、デザインの評価は主観によるものだからこれくらいにしておくとして、なぜに日本導入を希望するのか、その理由をボディサイズから説明していこう。

全長×全幅×全高:4362×1793×1471mm
ホイールベース:2649mm
フロントオーバーハング:843mm
リヤオーバーハング:870mm
ミラーtoミラー:1988mm

 このスカーラは5ドア専用ボディで、写真をご覧いただければわかるとおり、ややステーションワゴンに近いパッケージングを持っている。

 路上駐車が許容されているヨーロッパでは、ボディの全長は短い方がありがたい。縦列駐車がしやすくなるからだ。また、狭い道が多いとはいえ一方通行が多いため、全幅はそれほど気にされていないのが実情だ。

 だから昨今のヨーロッパ車には幅広で全長が短いという、真上から見ると正方形に近いシルエットのハッチバックモデルが多い。

 一方、我が国では、コンパクトカーだろうがなんだろうが枠で仕切られた駐車スペースに停めざるを得ないため、全長はそれほど短くなくてもいい。その代わり、全幅が狭ければとなりのクルマとのスペースが広がるから乗り降りしやすくなり、ドアをぶつけられる可能性も低くなる。

 そう考えると、スカーラのやや縦長なシルエットは日本にこそ向いていると言えるのだ。ステーションワゴン的なボディ構成ゆえにドアも短く、それも狭いスペースでの開閉に有利に働く。

 もちろん、アウディA3もスカーラに近いボディ構成を持っているのだが、東欧市場にフォーカスしたスカーラは、前後のアプローチアングルを大きめに採られているなど、より劣悪な道路環境での使用に配慮されている。

 もうひとつの大きな魅力は、直列3気筒1.0LのTSIユニットだろう。95ps&175Nmと115ps&200Nmという2種類のチューンが用意され、前者は5速MT、そして後者には6速MTもしくは7速DSGが組み合わされる!

 担当者としては5速MTに惹かれるものがあるが、7速DSGであれば日本でも十分に商品力があるはず。

 さらに、シュコダならではの暖かみに溢れるラグジュアリーなインテリアにも注目だ。合理的だが無機質とも言われるドイツ勢に対し、ここはチェコのブランドとして譲れない部分なのだろう。ヨーロッパには、このインテリアを求めてシュコダを選ぶユーザーも多いと聞く。

 そしてもうひとつ、とくにアウディと異なる点は、シュコダはけっしてプレミアムブランドではないということ。簡単に言えば、アウディA3よりも価格が安い。グレード、そしてマーケットによってはVWゴルフよりもお買い得な場合もある。

 ゴルフよりキャラクターが尖っているのは間違いなく、プレミアムブランドではないにもかかわらず高付加価値を備えているという点では、マツダ3に近い存在かもしれない。

「シュコダ・スカーラか、マツダ3か」そんなクルマ選びで頭を悩ませてみたいものである。

「世界の自動車オールアルバム2019」4月30日(火)発売!

少量生産モデルも海外専用車種も日本未導入ブランドも完全網羅!
その数、実に50ヵ国、261ブランド、3600車種にのぼります。
世界中のすべてのクルマがこの一冊に!

定価:¥1852+税

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ