MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/04/28
  • 遠藤正賢

祝・GT-R&フェアレディZ誕生50周年! S30ZとハコスカGT-R、R35ニュルタイムアタック車両を展示【オートモビルカウンシル2019】

S30型フェアレディZ-Lを約1年かけて新たにレストア

このエントリーをはてなブックマークに追加
オートモビルカウンシル2019の日産自動車ブース
約120台のヘリテージカーと新車、関連商品が集う展示会「オートモビルカウンシル」が、4月5日から7日まで千葉県の幕張メッセで開催。日産は「GT-R & Z 50th Anniversary」をテーマとして、50周年を祝うために約1年かけて新たにレストアしたS30型フェアレディZ-Lのほか、ハコスカGT-RとR35型GT-Rのニュルタイムアタック車両を展示した。

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
日産フェアレディZ-L
日産フェアレディZ-L

 今回レストアのうえ展示されたのは、1970年式のS30型「フェアレディZ-L」だが、S30に関してはサファリラリー優勝車や、ハコスカGT-Rと同じS20型エンジンを搭載する「フェアレディZ432」など、数多くの車両を以前より所蔵している。

 だが、今回敢えてこの「フェアレディZ-L」をレストアしたのは、実はL20型エンジンを搭載するごく標準的なカタログモデルを、日産として動態保存していなかったからだという。

日産フェアレディZ-L
日産フェアレディZ-L

 そこで同車を一般のオーナーから譲り受け、厚木にあるレストアチームが1年前より作業に着手。譲渡された時点での状態は非常に良く、しかも現存車両が多くスペアカーもあったのだが、入手できない部品は新規に自作して、今回の出品に漕ぎ着けた。

日産スカイライン2000GT-R PGC10型 1969年JAFグランプリ優勝仕様車 No.39
日産スカイライン2000GT-R PGC10型 1969年JAFグランプリ優勝仕様車 No.39

 そして新旧GT-Rのうち、ハコスカことPGC10型スカイライン2000GT-Rは、同車をベースに1969年のJAFグランプリで初優勝を遂げた篠原孝道選手の39号車と同様に仕立てたモデル。

日産GT-RニスモN-アタックパッケージ
日産GT-RニスモN-アタックパッケージ

 R35GT-Rは、2013年9月にドイツ・ニュルブルクリンク北コースで、ミハエル・クルム選手が当時の量産車世界最速周回タイム・7分8秒679を記録した「ニスモN-アタックパッケージ」の実車が出品されていた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る