MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カスタム
  3. チューニング

富士スピードウェイへのスポーツ走行やレース観戦にもオススメな裏道ルート 御殿場ICの渋滞回避に、足柄スマートICはかなり使える!〈東名高速道路で富士スピードウェイへ〉

  • 2019/05/02
  • レブスピード編集部 佐藤和徳
このエントリーをはてなブックマークに追加
足柄SAに入った直後に足柄スマートICへの導入路がある。そのためSAの施設を利用できないが、スマートICを出てから立ち寄れる駐車場がある

 行楽シーズンかつ海外からの旅行者増の影響か、東名・御殿場IC付近の渋滞が平日もみられるようになってきた。そんな渋滞を回避できる、足柄スマートIC利用のススメ!

Photo&Text●レブスピード編集部 佐藤和徳

足柄スマートIC下り出口
 休・平日問わず頻繁に富士スピードウエイに通う身になってみると、御殿場ICでの入り口、出口での渋滞は大きな時間ロス。
 しかも、御殿場IC周辺だけでなく、ICを出てバイパスからR246に右折して富士スピードウェイに向かう途中でも、観光バスが停車して渋滞が発生していることがある。富士山を麓から見られる、新たな立ち寄りスポットとなっているのだ。
 

 

富士スピードウェイには直進。あしがら温泉の案内も気になる
 それが、3月に開通した足柄スマートICを利用すると、それら渋滞をバッサリと回避できることがわかった。富士スピードウェイへの往復では大幅に時間短縮になるし、御殿場ICで下りるより多少通行料金を抑えられる(筆者が利用している横浜青葉ICからの場合は50円〜80円安くなる)。

富士スピードウェイへの道からはちょっと逸れるが、立ち寄り湯である「あしがら温泉」は3時間500円とリーズナブル。

信号も少なく景色も抜群!
 ただし、この足柄スマートICから富士スピードウェイまでの道のりに商業施設はぼぼなし(ガソリンスタンドやコンビニを利用したければ、最終的な道のりでR246を経由するのがいいだろう)。でも、R246を通らずにほぼまっすぐに富士スピードウェイのゲートにたどり着けるのは魅力。距離も時間も大幅に節約できる。

 試しにGoogle mapでGW2日目の4月28日午前10時35分に富士スピードウェイから足柄スマートICまでの所要時間を検索すると、所要時間16分と出た。

 同じく、御殿場ICまでの所要時間を検索すると、20分だった。これが午後の渋滞がひどくなる時間帯ならばもっと所要時間に差がつくだろう。

 富士スピードウェイからの帰りでは、御殿場IC方面の渋滞を避けて大井松田ICを目指す人も多い。しかし、R246を大井松田方面に向かっても、休日は渋滞が発生していることが大半。それならば、まだマイナーな存在(!?)の足柄スマートICを使用してみてはいがかだろうか。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ