MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/21
  • MotorFan編集部

プジョー3008と5008が最新ガソリンエンジンと8速ATを搭載! 〈人気のSUVがユーロ6.2規制に対応〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本においても欧州においてもプジョーの牽引役として好調なセールスを記録しているSUV、「3008」と「5008」に、最新のガソリンエンジンと電子制御8速ATが採用され、3008 Allure、3008 GT Line、5008 Allureとしてラインナップされた。これで3008と5008はすべてのグレードが8速AT化されたことになる。

レスポンスの向上とスムーズな吹け上がりを実現

 今回、新たに3008と5008に搭載されたエンジンは、1.6Lの PureTechガソリンエンジンを改良して欧州新排ガス規制の「Euro6.2」に対応したものだ。

 ガソリン微粒子フィルターの採用による排出ガスのクリーン化、フリクションの低減、電子制御ウエストゲートバルブの採用により、さらなる高効率化とハイレスポンス、スムーズな吹け上がりを実現したという。

 また、新採用の電子制御8速オートマチックEAT8は、日本のアイシン・エィ・ダブリュと共同開発のもので、 3つのドライブモードが用意される。

 エコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能(いわゆるコースティング)で、走行条件が合えば、アクセルオフ時にクラッチを切り燃費改善を果たします。

【各モードの特長】
エコモード:エアコンの最適化、フリーホイール機能により燃費走行に貢献
通常モード:シフトタイミング、ドライバビリティの最適化
スポーツモード:シフトプログラムの変更、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る