MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/26
  • MotorFan編集部 小泉 建治

新型スズキ・カタナにも採用されているローRPMアシストって何?〈GSX-R1000Rにも、SV650にも〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキがさまざまな車種への搭載を推し進めている「ローRPMアシスト」なる機構。率直に言って“地味”な装備のため、専門誌などでもなかなか大きく取り上げられることはない。しかしこれ、初心者からリターンライダー、そして上級ライダーまで、みんなが笑顔になれるとっても優れたシステムなのだ。

世界中のバイクに搭載してくれ!

 このほど発表されたばかりの新型スズキ・カタナに搭載されているローRPMアシストという機構。すでにほかの車種にも採用されているものだが、これがどんなものがご存じの方はどれだけいらっしゃるだろうか?

 これは発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギヤポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御されるもので、エンジン回転の落ち込みを緩和するシステムだ。

 これによって発進がスムーズになり、渋滞時の低速走行やUターンなどの安心感も向上する。簡単な話、エンストしにくくなるのだ。

 その効果は絶大だ。筆者はこのシステムが搭載されているSV650Xでしばらく走った後、もっと低速トルクのある大排気量車に乗り換えたとたん、エンストをやらかしてしまった。それくらい、ローRPMアシストの恩恵に与りまくっていたわけだ。

 立ちゴケやUターンゴケの最大の要因はエンストにあるわけで、足つき性を云々するよりも、このローRPMアシストを装備するだけでずいぶんと災難は減るのではないだろうか。

 俺には立ちゴケもUターンゴケも関係ないぜという腕自慢のアナタも、渋滞時にスロットルを操作することなく、左手のクラッチ操作だけで前進できると聞けばちょっと気になるはず。実際にはちょっとどころではなく、ロングツーリング時の疲労を大きく抑えてくれるのだ。

 ローRPMアシストが最初に採用されたのは現行SV650からだったかと思うが(違っていたらゴメンナサイ)、当初は初心者向けのお助けアイテムかと思っていた。

 だが、現行GSX-R1000Rにまで採用された時点で、そんな解釈は間違っていたことが判明した。こんな戦闘機みたいな、選ばれし精鋭のためにあるようなスーパースポーツ(実際には意外と乗り手に優しいバイクだったりするけれど)にまで搭載されているのだから、どんなバイクにもあったほうがいいということだ。

 そんなわけで、もしもカタナに試乗する機会があったら、ぜひローRPMアシストの効果も試していただきたい。


【ズバリ140万円】遂に! 新型KATANA(カタナ)、価格とスペックが明らかに!/スズキ

【車体設計担当者に聞いた”新型カタナのコト”】 「フロントタイヤを潰してコーナリングするスポーティさが魅力なんです」/スズキ

クルマ好きたちよ、今こそバイクに乗るべし〈スズキSV650X試乗記〉

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る