MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

フェラーリの次の一手はハイブリッド4WDスーパーカー 1000psのモンスター! フェラーリからV8ハイブリッド「SF90ストラダーレ」がデビュー!

  • 2019/05/30
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から噂されていたフェラーリのハイブリッド・スーパーカーがついに発表された。780psのV8ツインターボをミッドシップに搭載し、リヤに1基、フロントに2基のモーターを搭載するハイブリッド4WDマシンだ。そのトータルパワーはなんと1000psだという。

フェラーリから新たなV8ミッドシップマシンがデビューした。名前はSF90ストラダーレ。SFはもちろんスクーデリア・フェラーリで、90はフェラーリが今年創立90年を迎えることにちなんでいる。

最大の特徴はハイブリッドシステムを搭載していることだ。フェラーリのハイブリッドといえば限定スペチアーレのラ フェラーリがあるが、SF90はV8ツインターボ・エンジンとトランスミッションの間に1基、前輪にそれぞれ1基の計3基のモーターによる本格的なハイブリッドAWDである。また距離にして25km、速度135km/hまでのEV走行を可能としたPHEVであることもラ フェラーリとは大きく異なる点だ。

まずエンジンは488に搭載されているF154のボアを86.5mmから88mmに広げて排気量を3990ccとし、吸排気系を見直して350barの直噴インジェクターを採用するなどの改良を行い、780ps/7500rpm、800Nm/6000rpmというパワーとトルクを得ている。

そしてトータル220psを発揮するモーターが加わることで最高出力はなんと1000ps。7.9kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載するにも関わらず1570kgに抑えられた軽量ボディにより、0-100km/h加速は2.5秒、0-100km/h加速は6.7秒を達成。最高速度は340km/hだが、220km/hを超えるとモーターのアシストはオフになるのだという。

フィオラーノのラップタイムは1分19秒で、これはフェラーリ市販モデル歴代最速。ラ フェラーリと比較すると距離にして64mの差がつくというから、その速さは相当なものだ。モーターによる4WD、トルクベクタリングノの効果などで、重量が200kg軽くなったのと同様の走行フィールが得られた、とチーフ・テクノロジー・オフィサーのマイケル・ライタースは語っている。

エクステリアは3本のLEDによるデイタイムライトを内蔵した新デザインのヘッドライトが特徴的。またテールライトも四角いデザインとなったことで、従来のフェラーリとは随分と違った印象を受ける。リヤスポイラーは速度が上がると中央部分が下がってスリット部分を塞ぎ、より強いダウンフォースを生み出すシステム。アセット・フィオラーノ仕様では250km/h時に390kgのダウンフォースを発生するという。

ちなみに488ピスタで採用されてF8トリブートにも引き継がれたフロントのSダクトは採用されていない。これは単にモーターによってそのスペースが無くなった、ということなのだろうか。

インテリアも今までのフェラーリとは大きく進化した。新デザインのステアリングホイールはスイッチ類がクリアパネルを備えたタッチ式に進化。エンジンのスタート&オフやマネッティーノの切り替え、ウインカーやワイパーだけでなくTFTメーターの表示セッティングや走行モード(eドライブ/ハイブリッド/パフォーマンス/クオリファイ)の切り替えなどもすべてステアリングで行える。「eyes on the road,hands on the wheel(視線は路上に、手はステアリングに)」というコンセプトで操作系の80%がステアリング上で行える、とフェラーリは説明している。

従来はアナログのタコメーターを挟んで左右に液晶モニターを配していたメーターは、大型のTFTモニターに集約されたことで様々な情報が表示可能となり、さらにヘッドアップディスプレイも装備された。助手席前の小型モニターはセンターコンソール方向へと移動している。またエアコンなどを含めた操作系すべてのスイッチがタッチ式となり、トランスミッションのリバースやオートモードの切り替えは小型のスイッチ式となった。この新コンセプトのインテリアは、今後のフェラーリの他モデルにも採用されていくだろう。

3月のジュネーブ・ショーではF8トリブートを発表し、立て続けにV8ハイブリッドのSF90ストラダーレをアンヴェールしたフェラーリ。488世代最後のモデルとして登場したF8トリブートはそのまま純エンジンによるV8フェラーリ最後のモデルとなり、今後V8モデルはハイブリッドへと受け継がれていく、ということなのだろうか。

いずれにしても現在フェラーリが大きな転換期を迎えているのは間違いない。ちなみにこのSF90ストラダーレの価格は812スーパーファストよりも高く、ラ フェラーリよりも安い、のだという。

SF90ストラダーレ アセット・フィオラーノ

SPECIFICATIONS
フェラーリSF90ストラダーレ
■ ボディサイズ:全長4710×全幅1972×全高1186mm ホイールベース:2650mm ■車両重量:1570kg ■エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ 総排気量:3990cc 最高出力:574kW(780ps)/7500rpm 最大トルク:800Nm(81.6kgm)/6000rpm ■モーター:最高出力:162kW(220ps) ■トランスミッション:8速DCT ■駆動方式:AWD ■ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック) ■タイヤサイズ(リム幅):F255/35ZR20(9.5J) R315/30ZR20(11.5J) ■パフォーマンス最高速度:340km/h 0→100km/h加速:2.5秒 0-200km/h加速:6.7秒 

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ