MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/05
  • MotorFan編集部

ツインエアエンジンを5速MTで操る! フィアット500の限定車「マヌアーレ・ロッサ」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月5日、FCAジャパンはフィアット500に5速MTを搭載した限定車「500S Manuale Rosso(マヌアーレ・ロッサ)」を設定し、6月15日より全国80台限定で発売すると発表した。税込車両価格は246万円だ。

ボディカラーは男女問わず人気の「パソドブレ レッド」

 イタリア語で“自ら操る(マニュアル)”という意味の「マヌアーレ」と、“赤”を意味する「ロッサ」を車名に添えるこの限定車は、85psと145Nmを発揮する2気筒ターボのツインエアエンジンに5速MTを組み合わせるという、通常のモデルラインナップには設定のない仕様を実現。独特のフィーリングを生み出す2気筒ターボを自らの変速で楽しめる一台となっている。

 ボディカラーはファッショナブルな雰囲気で男女問わず人気の高い「パソドブレ レッド」を採用。ダークグレーの専用15インチアルミホイールがスポーティな雰囲気を一層引き立てている。また、マニュアルモデル専用のフォグランプ付きフロントバンパーやサイドスカート、リヤバンパーを装着。さらにサテングレーのアクセントラインやドアハンドル、クローム仕上げのエキゾーストフィニッシャーなど、ディテールにもスポーティ感を高める演出が加えられている。

 内装はブラックを基調にシートやインナードアパネルに明るいアクセントカラーがあしらわれている。


●フィアット500Sマヌアーレ・ロッサ特別装備
・専用デザインファブリックシート
・専用インストルメントパネル
・レザースポーツステアリングホイール
・専用シフトノブ
・専用フロント/リヤバンパー
・専用サイドスカート
・リアルーフスポイラー
・サテングレー仕上げアクセントライン
・サテングレー仕上げドアハンドル
・サテングレー仕上げテールゲートハンドル
・クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー
・専用アルミホイール+185/55R15タイヤ

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る