MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/06
  • MotorFan編集部

四代目となった新型「アウディA6オールロード・クワトロ」は3.0Lディーゼルのマイルドハイブリッドで登場!

初代誕生から20周年を記念した特別仕様車も設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディは6月5日、四代目となった新型「アウディA6オールロード・クワトロを発表した。市場への導入は2019年6月からドイツを含む欧州を皮切りにスタートする。欧州市場での価格は6万1500ユーロ(約747万円)からだ。

マイルドハイブリッド仕様の3.0Lディーゼルを3機種設定

「オールロード・クワトロ」という名で初代が誕生した1999年から20周年という節目で登場した新型A6オールロード・クワトロ。最低地上高は139mm(標準時)を確保。悪路での高い走破性を実現している点は従来モデルから変わらない特徴だ。

 エンジンはスペックの異なる3種類の3LV6ディーゼル「3.0 TDI」設定。231psと500Nmを発揮する「45 TDI」、286psと620Nmを発する「50 TDI」、そして349psと700Nmを引き出す「55 TDI」だ。いずれも48Vシステムによるマイルドハイブリッド仕様で、8速AT(ティプトロニック)を組み合わせる。ちなみに0-100km/h加速は順に6.7秒、5.9秒、5.2秒だ。

 新型にはアダプティブエアサスペンションを全車に標準装備。走行状況に応じて車高が変更でき、標準時で139mmの地上高は、120km/hを超えると自動的に「ダイナミック」モードとなり、15mm下がる。また、「オールロード」モードでは25mmがプラスされ、「オフロード」モードでは45mmプラスされる。ヒルディセントコントロールをはじめ、悪路でも快適・安全にドライブできる装備は万全だ。


 エクステリアは専用デザインのシングルフレームグリルやサイドシル、ホイールアーチトリムなどを採用。オールロード・クワトロ独自のアピアランスは従来型から継承されている。ボディサイズは全長4951×全幅1902×全高1497(ルーフアンテナを含む)mmだ。

 インテリアでは12.3インチディスプレイによって表示内容が多彩に切り替えられるメーター「アウディバーチャルコックピット」をはじめ、上部が10.1インチ、下部が8.6インチのふたつのディスプレイを組み合わせるセンターパネルを採用し、デジタル化を促進している新世代アウディ車を視覚的にも主張。このほか、ヘッドアップディスプレイをオプション設定するなど、先進技術の導入は惜しみない。

 インフォテイメントシステムやコネクティッドサービス、そして各種運転支援機能は最先端技術が用いられ、快適性や機能性、安全性も高いレベルを実現している。

 そんな新型には、初代の誕生から20周年を記念した特別なモデル「20イヤーズ・オールロード」エディションを設定。エクステリアではブラックスタイリングパッケージや19インチホイールを装着。レザーとアルカンターラを組み合わせるインテリアはアルミのデコレーションパネルやブラックのスポーツシートが特別に装備されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る