Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

〈アウディTT〉洗練されたスタイルに宿る熟成を極めた走行性能【ひと目でわかる最新スポーツカーの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Country:Germany Debut:2015年8月(マイナーチェンジ:19年4月) 車両本体価格:479万円~799万円

Country:Germany
Debut:2015年8月(マイナーチェンジ:19年4月)
車両本体価格:479万円~799万円

REPORT●工藤 貴宏(KUDO Takahiro)
PHOTO●井上 誠(INOUE Makoto)

2019年春の改良において、エクステリアを大幅アップデート。「TTSクーペ」や「Slineパッケージ」はリヤバンパーサイドにエアアウトレット風のアクセントが加わり、リヤビューでもレーシーなテイストが強調された。
標準状態のタイヤ径は18インチだが、撮影車両はオプション設定の19インチをチョイス(20インチも選べる)。プレミアムスポーツを掲げる「S001」という銘柄からも、「TTS」はスポーツ性能だけでなく快適性とのバランスを考えた味付けだと理解できる。
ジェットエンジンをイメージしたエアコン吹き出し口が特徴的なコックピット。スポーツカー専用設計のインパネがドライバーを包み込む。全車ともメーターは全面液晶で、カーナビの地図表示はダッシュボード中央部にはなく、メーター内だけとなるのも独特だ。

低い着座位置が味わえる運転席。「TTS」や「S lineパッケージ」のシートはスポーティなデザインとしつつ、中央部にキルティング処理を施したアルカンターラを張ったラグジュアリーな仕立てだ。後席は実質的に荷物置き場だ。

トランスミッションは全車ともDCTで、MTの設定はない。もちろん、パドルを使っての任意のシフトアップ/ダウンが可能だ。シフトレバー後方にある円盤はナビなどのコントローラーで、上面がタッチパッドになっている。しっかりと日本語入力に対応するのがいい。

高さはないが床面積が広い。そんな床面積の広さは日常生活においては利便性を高め、後席を倒せば床がフラットになってまるでワゴンのように長尺物も積める。見た目以上の実用性だ。テールゲート開口部も大きい。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.117 2019年 スポーツカーのすべて

最速試乗! 新型スープラを公道で試す!!

直6 & 直4の実力を徹底チェック
スープラ完全復活

フレンチスポーツの現在
アルピーヌA110 & メガーヌR.S.

up! GTI、新型Z4からケイマンまで
スイスポ、GT-R、NSXも網羅!

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ